2021年 8月 4日 (水)

「CD全部捨てた」「作品に罪はない」 小山田圭吾いじめ問題で揺れるファンの思い

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています
「CD全部捨てた」
「作品に罪はない」

   東京五輪・パラリンピック開会式の楽曲担当を任されるも、辞意を表明した小山田圭吾氏(52)の「いじめインタビュー問題」をめぐり、ツイッター上ではこんな書き込みがみられている。

   ロックバンド「フリッパーズ・ギター」のメンバーとして一時代を築き、ソロ活動「コーネリアス」が世界的な人気を獲得してきた小山田氏。その音楽性やカリスマ性にとりつかれたファンも少なくない。

   音楽か、人格か――。ファンの思いは揺れている。

  • フリッパーズ・ギターの3rdシングル「カメラ! カメラ! カメラ!」のCDジャケット(ポリスター)
    フリッパーズ・ギターの3rdシングル「カメラ! カメラ! カメラ!」のCDジャケット(ポリスター)
  • フリッパーズ・ギターの3rdシングル「カメラ! カメラ! カメラ!」のCDジャケット(ポリスター)

当初は「渋谷系オリンピック」と指摘も...

   小山田氏は1989年、小沢健二さんらとバンド「フリッパーズ・ギター」でデビュー。90年には、ドラマ主題歌にも起用された「恋とマシンガン」がヒットした。91年にバンドを解散し、94年からはソロユニット「コーネリアス」で活動を続けている。

   近年、『渋谷音楽図鑑』(17年、太田出版)、『渋谷系狂騒曲 街角から生まれたオルタナティヴ・カルチャー』(21年、リット〜ミュージック)といった書籍が出版されるなど、音楽業界では「渋谷系」という言葉が注目を集めている。

   渋谷系は90年代に東京・渋谷を中心に流行したジャンル。都会的で、おしゃれな雰囲気を持った楽曲が特徴だ。小山田氏がメインボーカルを務めていたフリッパーズ・ギターはその中心格。キュートなルックスとポップなサウンドが支持を集め、小山田氏もアイドル的な人気を誇った。

   渋谷系の再評価が進んでいた中、21年7月14日夜に発表された小山田氏の五輪起用。発表直後、一部ツイッターユーザーの間では「渋谷系オリンピック」だと話題になった。

   しかし、同時に小山田氏の過去の「いじめ問題」が俎上にのる。雑誌「ROCKIN'ON JAPAN 94年1月号」(ロッキング・オン)、「クイック・ジャパン 95年8月号」(太田出版)の記事で、障害のある同級生に対する、苛烈ないじめの過去を明かしていた、というものだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中