2021年 9月 20日 (月)

「五輪中止・延期」求めた野党、メダルラッシュにどう反応? 立憲福山氏、共産小池氏のコメントは...

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   野党が開催の中止や延期を求めてきた東京五輪では、日本人選手によるメダルラッシュが続いている。五輪開催の是非では足並みをそろえた野党だが、選手の活躍に対する反応は分かれている。

   立憲民主党の福山哲郎幹事長は選手の活躍をたたえる一方で、「国民の皆さんの命がどうなるかという状況の中で大会を開くに至ったことの政府の責任とは全く別のもの」と説明。共産党の小池晃書記局長は、五輪中止を求める党の立場を繰り返し、「中身についてコメントすることは控えたい」とした。

  • 記者会見する立憲民主党の福山哲郎幹事長(写真は立憲民主党の配信動画から)
    記者会見する立憲民主党の福山哲郎幹事長(写真は立憲民主党の配信動画から)
  • 記者会見する共産党の小池晃書記局長(写真は共産党の配信動画から)
    記者会見する共産党の小池晃書記局長(写真は共産党の配信動画から)
  • 記者会見する立憲民主党の福山哲郎幹事長(写真は立憲民主党の配信動画から)
  • 記者会見する共産党の小池晃書記局長(写真は共産党の配信動画から)

蓮舫氏「選手への応援と政府の危機管理体制への姿勢は別です」

   立憲では、選手の活躍をたたえる蓮舫代表代行のツイートに批判が殺到。蓮舫氏は7月25日のツイートで、

「五輪で健闘された選手へのTweetに『反対してたのに』と言う反応がありますが、選手への応援と政府の危機管理体制への姿勢は別です。感染拡大の最中、今でもこの東京五輪強行の政府と東京都、組織委員会、IOCの判断には反対です」

などと反論していた。

   このツイートを受ける形で、7月27日の福山氏の記者会見では、蓮舫氏以外は選手の活躍をたたえることを控えているように見えるとして、その理由を問う質問が出た。福山氏は、

「日本人の選手がそれぞれの場面で活躍されていることは大変喜ばしいし、私はテレビを見ながら応援している。種目によって私の大好きな種目もあるし、スケートボードのように新しい種目で日本の若い選手が金メダルを取られたということは素晴らしいと思う」

と話した。自らが京都府のバスケットボール協会の会長を務めていることにも触れながら、男子バスケットボールで、日本が45年ぶりの五輪舞台で世界ランク2位のスペインを相手に健闘したことについて

「バスケットボールの関係者としては大変嬉しく思っている。当たり前のことだと思う」

とたたえた。その上で、五輪開催と選手の活躍の関係について、次のように説明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中