2021年 9月 18日 (土)

五輪柔道コーチ「平手打ち」が波紋...国際柔道連盟「道徳的規範に反する」 選手は「私が選んだ儀式」と擁護

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   東京五輪女子柔道の試合前のワンシーンが世界的に注目を集めている。

   柔道女子63キロ級が2021年7月27日に行われ、ドイツ代表としてマルティナ・トライドス(32)が出場した。

  • 女子63キロ級に出場したトライドス選手(写真:ロイター/アフロ)
    女子63キロ級に出場したトライドス選手(写真:ロイター/アフロ)
  • 女子63キロ級に出場したトライドス選手(写真:ロイター/アフロ)

IFJ「柔道は教育的なスポーツ」

   話題となったのは、ソフィ・オズバシュ(ハンガリー)との試合前のシーンだ。

   トライドスが畳に上がる前にコーチのクラウディウ・プーサ氏がトライドスの襟をつかんで激しく体を揺さぶった。さらにプーサ氏はトライドスの頬を左、右と平手打ち。このシーンがテレビ中継で流され、SNSで世界中に動画が拡散された。

   コーチが試合前に選手に平手打ちをした行為について、国際柔道連盟(IFJ)は28日にコーチに厳重注意したと発表した。

   IFJ公式サイトで「柔道は教育的なスポーツであり、柔道の道徳的規範に反するこのような行動は容認できない」との声明文が公表された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中