2021年 9月 26日 (日)

侍ジャパンの次期監督は「貧乏くじ」? 五輪金でさらに強まった「優勝があたりまえ」の重圧

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   東京五輪で金メダルを獲得した野球日本代表の侍ジャパン。メジャーリーガーが出場せず、戦力だけを見れば「日本が圧倒的優位」と前評判が高かったが、その分稲葉篤紀監督の重圧は計り知れなかっただろう。選手との強い絆で結ばれ、見事に頂点に立った戦いぶりは見事だった。

   稲葉監督は今大会で退任することとなり、侍ジャパンは新たな代表監督の人選を進めることになる。スポーツ紙では、前巨人監督の高橋由伸氏や、元ヤクルトの宮本慎也氏、日本ハムの栗山英樹監督や、09年WBCで侍ジャパンの監督として連覇を飾った巨人・原辰徳監督らが候補として取り沙汰されている。

  • 稲葉篤紀監督(写真:AP/アフロ)
    稲葉篤紀監督(写真:AP/アフロ)
  • 原辰徳監督(2014年撮影)
    原辰徳監督(2014年撮影)
  • 稲葉篤紀監督(写真:AP/アフロ)
  • 原辰徳監督(2014年撮影)

前広島監督・緒方孝一氏も浮上

   そんな中、スポーツ報知は9日の紙面で、前広島監督の緒方孝市氏を有力候補に挙げた。

   緒方氏は16~18年に広島の監督で史上初のリーグ3連覇と黄金時代を築いている。ただ、日本一になったことは一度もない。ネット上では、

「実直でマジメな性格は分かるが、それが、厳格な管理、融通の無さとして現れる。何より、日本シリーズ等に見られた、勝負師としての弱さが気になる」
「緒方元監督の欠点→短期決戦(略)侍ジャパンの監督には向いてないんじゃないかな」

などの声が出ており、侍ジャパンの監督を託す人材としてはあまり評価が高くないようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中