2021年 9月 23日 (木)

張本勲の「女性蔑視」発言で「女性キャスター」唐橋ユミが謝罪文読み上げ 共演者疑問

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   東京五輪の女子ボクシングをめぐり野球評論家・張本勲氏が「サンデーモーニング」(TBS系)で発言した内容が物議を醸している問題で、2021年8月15日に放送された同番組内で謝罪があった。しかし、問題の発言をした張本氏本人ではなくアナウンサーによる謝罪文の読み上げであったことなどから、共演者がツイッターで苦言を呈している。

  • 張本勲氏
    張本勲氏
  • 張本勲氏

「今回は、言い方を間違えて、反省しています。以後気をつけます」

   張本氏は8日の同番組で、東京五輪ボクシング女子フェザー級の入江聖奈選手(20)が金メダルを獲得したことについて「女性でも殴り合いが好きな人がいるんだね」「嫁入り前のお嬢ちゃんが顔を殴り合ってね。こんな競技好きな人がいるんだ」などと発言し、物議を醸した。

   日本ボクシング連盟は発言訂正を求める抗議文を10日付でTBSに送付。文書では「【女性及びボクシング競技を蔑視した】と思わせる発言がありました」などとし、「ボクシング競技が単純な、暴力的な殴り合いではないこと、技術を駆使した競技であることをご理解いただき、また女性だからそんな競技に取り組むべきではないという、多様性を否定するような番組内でのご発言を、視聴者の皆様に対して、訂正をしていただきたく、文書を発させて頂きました」と説明していた。

   TBSは12日付で同連盟に「張本氏の発言の中には、ご指摘のように『女性及びボクシング競技を蔑視した』と受け取られかねない部分があり、これについては本来であれば番組内で対応すべきでした。当番組として、不当番組として、不快に思われたボクシング関係者や視聴者の皆さまに誠に申し訳なく存じます」などとする謝罪文を送付。文書で張本氏は「今回の私の発言は言葉が足りませんでした」「言葉足らずで反省しています」などとコメントしている。

   その後初めての放送となった15日のコーナー冒頭、総合司会の関口宏さんが「スポーツのコーナーに入りますが、その前に番組からお詫びをしなければなりません。唐橋さんよろしく」と切り出した。

   唐橋ユミアナウンサーは、「はい。先週のスポーツコーナーで、張本勲さんのコメントのなかに、女性およびボクシング競技を蔑視したと受け取られかねない部分があり、日本ボクシング連盟より抗議文が寄せられました。不快に思われた関係者の皆様、そして視聴者の皆様、大変申し訳ございませんでした」と頭を下げた。

   関口さんはこの謝罪を受け、「いや私も、会話の途中でも間違いを正せばよかったかということを反省させられました。ハリ(張本)さん、どういうふうに受け取っていますか」と神妙な面持ちでリモート出演の張本氏に発言を促した。

   張本氏は、「今回は、言い方を間違えて、反省しています。以後気をつけます」ときっぱりとした口調で答えている。関口さんが「よろしくお願いします」と念を押すように述べると、張本氏は軽く会釈した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中