2021年 9月 21日 (火)

中田翔「移籍で処分解除」問題に勇気の提言 岩本勉氏が反響語る「『OBやけどよくぞ言った』と」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   プロ野球の日本ハムOB岩本勉氏(50)が2021年8月30日放送の「岩本勉のまいどスポーツ」(文化放送)に出演し、23日の放送で言及した中田翔(32)の移籍問題に大きな反響があったことを明かした。

  • 巨人に移籍した中田翔選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
    巨人に移籍した中田翔選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 巨人に移籍した中田翔選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

岩本氏「いいように解決すればと思ってますよ」

   岩本氏は「(23日の放送で)電子ニュース、ネットニュース頼むで言うたらホンマにばかばか載せてくれて。周りの人もフィードバックすごいしてくれて『OBやけどよくぞ言った』って言ってくれた」と反響のほどを語った。

   この日の放送で岩本氏は中田の移籍問題について多くは語らず、「(23日の放送で)僕は感じたことを一個人の意見として言っただけでね。いいようにまとまれば、いいように解決すればと思ってますよ」と日ハムOBとしての思いを述べた。

   中田は日ハムの同僚だった選手への暴力行為で今月11日、球団から無期限の1、2軍戦の出場停止処分を受けたものの、巨人への無償トレードが20日に決定し、巨人に移籍直後の21日に試合出場を果たした。

   岩本氏は23日の同番組の放送で、中田の巨人移籍に関する経緯を踏まえた上で「4つ思うことがある」とし、「(日ハムの)監督か球団社長と中田が同席をして会見を開くべきだったと思う」などと指摘した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中