2021年 9月 26日 (日)

なぜ人は「マツケンサンバ」に魅了されるのか 五輪きっかけに再ブーム、その背景をプロが分析

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

【連載】MUTEKI DEAD SNAKEのBUCHIAGARU!! music

   俳優・松平健さん(67)が歌う「マツケンサンバII」が再び注目を集めている。2000年代前半のブームから15年以上。令和の時代に改めて脚光を浴びたきっかけは、東京オリンピックの開閉会式だ。

   開会式の作曲担当が直前で降板するなどのゴタゴタから、ネット上では、五輪式典にマツケンサンバIIの起用を望む声がにわかに浮上。この「待望論」に本人もインタビュー記事で言及するなど、話題は広がりを見せた。

   そもそも、なぜ私たちはマツケンサンバIIに魅了されるのだろうか。音楽作家のMUTEKI DEAD SNAKE氏に解説してもらった。

  • マツケンサンバII(小西康陽リミックス)のCDジャケット
    マツケンサンバII(小西康陽リミックス)のCDジャケット
  • マツケンサンバII(小西康陽リミックス)のCDジャケット

MVと一緒に楽しむ楽曲?

   「マツケンサンバII」が発売された当時、僕は小学生だったのですが、子供ながらに「なんて楽しい曲なんだろう!」と思っていました。今回は、オリンピックの開閉会式をきっかけに再び話題になっているこの曲について書いていこうと思います。

◆マツケン流?サンバにBUCHIAGARU!!

   こちらの楽曲、めちゃくちゃサウンドが豪華ですよね!

   サンバというよりも、サンバのリズムやサウンドを取り入れたゴージャスなディスコという感じがします。

   「マツケンサンバⅡ」のサンバ感の要になっているのがフルートで演奏されるイントロや、左右のパンに振り分けられているパーカッションだと思うのですが、ここにブラスやストリングスを重ねることでサウンドに重厚感を持たせています。

   そしてその豪華なサウンドが、松平さんのメイクや衣装、そして積み上げてきたキャリアと化学反応を起こし、聴く人になんとも言えない多幸感を与えてくれているのだと思います。

   そして、最近改めて聴き返すまで忘れていたのですが、この曲イントロめちゃくちゃ長いんですよね(注・冒頭1分以上がボーカルなしのイントロ部となる)。

   「おっ、曲がはじまるぞ。」と思ったところではじまらず、まさかのワンコーラスそのままインストで進んでいくので、一瞬インストバージョンを再生したのかと勘違いしてしまいました笑

   個人的にはぜひMVと一緒に聴いて欲しい楽曲だと思っています。

   といいますのは、こちらの楽曲は絵と一緒に楽しむべく作られた曲なのかな?と思っているからです。

   長いイントロ部分も、MVだと楽しげに踊る白塗りの男女のおかげで間延びせず楽しく見れてしまいますし、イントロで溜めて溜めてちょっと小走りで出てくる松平さんのスター感も際立ちます。

   その後のカット割や細かな編集も、急にレコーディング風景が差し込まれるのも、めちゃくちゃユーモアが効いていて楽しいです!

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中