2021年 10月 23日 (土)

「敬意なきトレース・模倣」作家被害で出版社声明 「上辺だけ真似て結果をかすめ取るような行為」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   シュークリーム(東京都千代田区)のコミック誌「from RED」の執筆作家作品がトレース・模倣被害に遭ったことを受け、from RED編集部は2021年9月28日にツイッター上で声明を発表した。

  • from RED編集部のツイート
    from RED編集部のツイート
  • from RED編集部の声明
    from RED編集部の声明
  • from RED編集部のツイート
  • from RED編集部の声明

「どうかこれを機に改めてください」

   編集部の発表によると、「from RED」で連載中の作家・紗久楽さわさんの作品「純真、久しからず」を無断でトレース・模倣した作品を、著者とは無関係の第三者が自らの作品として自費出版しようとしていたという。

   シュークリームは「このような行為は断じて許すことはできない」として厳重抗議。これを受けて、トレース等を行った人物は事実を認め、自費出版予定だった本の発売の取りやめなどを約束し謝罪したという。編集部はこの人物について、「紗久楽さわ先生の別作品についても余罪の疑い」があるとして調査を行っており、明らかになり次第、報告するとしている。

   さらに編集部は、この事態を受けて「トレース・模倣行為についての声明」を発表した。

   トレースや模倣を行ったものを自らの作品と称する行為について、「その作家さんの途方もない研究や努力への経緯を無視し、上辺だけ真似て結果をかすめ取るような行為」だと厳しく非難している。

   また一方で「本来の模倣行為とは、素敵だったものを真似てみることで、良き点を学び、自身になかった発見を得るための、そんなきっかけづくりのための行為であるべき」という見方も示している。こうした学びのためでなく、承認欲求や金銭のために模倣物を自作品として公表する行為などについては「敬意なき行為」だと断じた。

   そのうえで編集部は、「作家さんを苦しめるような敬意なきトレース・模倣についてけっして許さず、今後も重く受け止めた場合には厳重に抗議を行ってまいります」と述べる。

   声明の最後には、読者に対して「何か心に思うこと、後ろめたい行為があるならば、どうかこれを機に改めてください」と呼びかけた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中