2021年 10月 21日 (木)

1日17時間執筆...人気作家の生活に衝撃 同業者も驚愕「真似しようとしたら、死にますよ」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「さよならドビュッシー」「護られなかった者たちへ」などの著者として知られる推理作家・中山七里さんの一日の執筆スケジュールが、「仙人みたい」とSNS上で話題になっている。

   2021年10月5日、神奈川県を中心に展開する書店チェーン・有隣堂が公式ユーチューブチャンネル上に公開した動画によって注目を集めた。

  • ユーチューブチャンネル「有隣堂しか知らない世界」より
    ユーチューブチャンネル「有隣堂しか知らない世界」より
  • ユーチューブチャンネル「有隣堂しか知らない世界」より

「よく餓死する可能性がある人が餓死する小説書いたな・・・」

   有隣堂が5日、公式ユーチューブチャンネル「有隣堂しか知らない世界」上に公開した動画に、作家の中山さんがゲストとして登場した。今回は「職業作家の1日ルーティン」を紹介する企画で、中山さんの作業部屋に24時間定点カメラを設置し、執筆の様子に密着した。

   撮影は13時、中山さんが自らカメラを回して始まった。中山さんは昼過ぎに2時間から3時間ほど睡眠をとるという。ただの昼寝かと思えば、睡眠をとったのはこの時だけだった。

   それから中山さんは執筆に没頭する。18時半にエナジードリンク「レッドブル」を飲み、19時に風呂に入ると、その後は食事をとる時間も惜しんで作業を続けた。このほか休憩時間は2時間の映画鑑賞と1時間の読書のみ。そして1日の間に合計17時間以上も執筆を行っていた。

   動画の司会を務めるマスコットキャラクター・R.B.ブッコローは「もう先生やめて・・・もう寝てくれ・・・先生倒れちゃうよ・・・飯か・・・寝る・・・」と悲痛に訴え、こう述べる。

「よく餓死する可能性がある人が餓死する小説書いたな・・・」

   「護られなかった者たちへ」で連続餓死殺人事件を書いた中山さん。動画撮影のこの日、レッドブルしか口にしなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中