2021年 10月 23日 (土)

農産物は「福島の名前で売るのやめた方がいい」 波紋広げるひろゆき発言、福島県の見解を聞いた

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   2ちゃんねる(現5ちゃんねる)開設者で実業家の「ひろゆき」こと西村博之氏の福島県産農産物への持論が、インターネット上で議論を呼んでいる。

   ひろゆき氏は2021年9月24日放送のAbemaTVのニュース番組「ABEMA Prime」で、福島という名前を使うことを止めた方がいい、などと主張。「福島って名前のついている農作物を食べないって僕は当たり前だと思うんです」ともコメントした。

   番組で伝えられたこうした発言内容について、生産者からは反発も広がっている。福島県はどう考えるのか。県庁の風評・風化戦略室に聞いた。

  • 西村博之氏
    西村博之氏
  • 西村博之氏

ひろゆき「もう違う名前にした方がよくないですか」関係者は反発

   9月21日に米国の輸入規制が撤廃され、日本から福島県産の食品も対米輸出が可能になり、またEUも10月10日から輸入規制を一部緩和する意向である。

   この話題を取り上げた9月24日放送のABEMA Primeでは、福島の生産者・専門家らが出演したが、ひろゆき氏は冒頭、「例えばチェルノブイリ産の米とか積極的に買う人っていないと思うんですね。福島って名前のついている農作物を食べないって僕は当たり前だと思うんです」と口火を切る。その後も

「米は福島産以外にもおいしい米がいっぱいあるわけだから、『じゃあ、他のでいいです』ってなるのは当然の感覚だと思うんです。その当然の感覚を理解しないで、『安全です』っていうのをウリにしている限り無理」
「綺麗事として『福島』という名前で売るのをやめたほうがいいと思うんですよね。実際10年経っても解決しなかったわけじゃないですか。多分、15年経ってもマイナスのイメージは変わらないと思うんですよ。福島っていう名前じゃなくて郡山とか別の名前で売った方がまだ売れると思う」
「福島っていう名前を使わなければみんな幸せになるなら、もう違う名前にした方がよくないですか」

といった主張を続けた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中