2021年 10月 25日 (月)

禁止のチャント歌って「ほんとありえない」 日本代表サポにネット激怒「ずっと我慢してんだぜ?」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   埼玉スタジアムで2021年10月12日に開催されたサッカーW杯アジア最終予選の日本対オーストラリア戦で、一部観客のマナーに疑問の声が噴出している。

  • 森保一監督は試合後、ゴール裏のサポーターへ感謝の挨拶をした(写真:アフロ)
    森保一監督は試合後、ゴール裏のサポーターへ感謝の挨拶をした(写真:アフロ)
  • 主将の吉田麻也(中央)、田中碧(右)、浅野拓磨。吉田のツイッター(@MayaYoshida3)より
    主将の吉田麻也(中央)、田中碧(右)、浅野拓磨。吉田のツイッター(@MayaYoshida3)より
  • 森保一監督は試合後、ゴール裏のサポーターへ感謝の挨拶をした(写真:アフロ)
  • 主将の吉田麻也(中央)、田中碧(右)、浅野拓磨。吉田のツイッター(@MayaYoshida3)より

チャントを歌う動画がツイッターに投稿される

   最終予選ここまでの3戦で既に2敗し、オーストラリア戦も負ければW杯本戦出場が絶望的となる大一番。背水の陣で臨んだこの試合、日本はオーストラリアに2対1で勝利した。最終予選突破に希望をつなぎに、多くのサポーターが歓喜に沸いた。

   しかしネット上では、埼玉スタジアムで応援していたサポーターのマナーに対する批判の声があがっている。

   ツイッターには、会場で観戦した人たちが撮影した動画がいくつか投稿されている。

   注目を集めているのは、試合終了後のゴール裏で歓声をあげ、チャント(応援歌)を歌うサポーターの姿が映った動画だ。代表ユニフォームを身につけたファンたちがジャンプしながら手拍子をし、大きな声をあげている。

   日本サッカー協会は、新型コロナウイルス感染リスクを減らすため、来場客にさまざまなルール・マナーを設定している。拍手や手拍子は容認されている一方、飛沫や接触を減らす観点から、チャントをはじめ歌を歌うなどの声を出しての応援、ハイタッチや腕組み、応援の扇動などは禁止行為となっている。

   日本代表の森保一監督が試合後、ゴール裏に歩み寄り、サポーターへ「ありがとうございます!」と感謝の挨拶をしたシーンでは、サポーターらが「森保コール」や大声でのレスポンスをする姿もあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中