2021年 10月 17日 (日)

1回5000円「旅ガチャ」なぜ誕生? SNSでの反響は「想定外」...仕掛け人が語る企画の狙い

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!
 

   格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーション(大阪府泉南郡)は2021年10月13日、指定の行き先だけで使えるポイントが当たるカプセル型自販機「旅くじ」を、東京都内の商業施設「渋谷パルコ」に設置した。

   北海道から沖縄まで、行き先を選べない旅を提案するという奇抜な企画。SNS上を中心に大きな注目が集まっている。いったいなぜ、このような企画を行ったのか。

   J-CASTニュースは13日に開催されたメディア向け内覧会で、「旅くじ」の仕掛け人である、事業戦略室ブランドマネージャーの小笹俊太郎さんに取材した。

  • ピーチ・アビエーションの「旅くじ」
    ピーチ・アビエーションの「旅くじ」
  • 指定の行き先だけで使えるポイントが当たる
    指定の行き先だけで使えるポイントが当たる
  • オリジナル缶バッチも入手することができる
    オリジナル缶バッチも入手することができる
  • 旅くじは1回5000円
    旅くじは1回5000円
  • 行き先は、同社の就航地のすべてが対象
    行き先は、同社の就航地のすべてが対象
  • 事業戦略室ブランドマネージャーの小笹俊太郎さん
    事業戦略室ブランドマネージャーの小笹俊太郎さん
  • 旅くじを企画した小笹さんは、想定以上の売り上げに驚く
    旅くじを企画した小笹さんは、想定以上の売り上げに驚く
  • 「渋谷パルコ」での旅くじの決済はPayPayのみ
    「渋谷パルコ」での旅くじの決済はPayPayのみ
  • ミッションの追加も検討している
    ミッションの追加も検討している
  • ピーチ・アビエーションの「旅くじ」
  • 指定の行き先だけで使えるポイントが当たる
  • オリジナル缶バッチも入手することができる
  • 旅くじは1回5000円
  • 行き先は、同社の就航地のすべてが対象
  • 事業戦略室ブランドマネージャーの小笹俊太郎さん
  • 旅くじを企画した小笹さんは、想定以上の売り上げに驚く
  • 「渋谷パルコ」での旅くじの決済はPayPayのみ
  • ミッションの追加も検討している

「月に2,3個売れれば良いほうだと思っていた」想定外の大反響

   旅くじは1回5000円で、オリジナル缶バッチと、旅先が指定された6000円分以上の「ピーチポイント」引換券を入手することができる(ポイント数はランダム)。

   行き先は、同社の就航地のすべてが対象。女満別、釧路、札幌(新千歳空港)、大阪(関西空港)、福岡、大分、長崎、宮崎、奄美、沖縄(那覇空港)、石垣のいずれかで、選ぶことはできない。

   引換券には「札幌に行って、カニを苦労してむいて、隣の人にあげてきて!(手袋で)」といった行き先に関連したミッションも書かれている。ミッション達成をピーチが運営する旅情報サイト「tabinoco」に投稿すると、抽選でポイントを得られるチャンスもある。

   旅くじのカプセル自販機は、渋谷に先んじて大阪の「心斎橋パルコ」に8月から設置されていた。当初の売り上げは緩やかだったそうだが、ショートムービーアプリ「ティックトック」をはじめSNSで話題になると、「旅ガチャ」などと称され売り上げが急増。2021年10月13日までに、約3000個のくじが売れたそうだ。

   旅くじを企画した小笹さんは、想定以上の売り上げに驚く。

「行き先が選べない旅という奇抜な企画なので、社内では『多分無理だろう』という声も上がっており、実は1日1個くらい売れたらいいなと考えておりました。SNS上でいきなり人気に火がついて驚いております」

   メディア向け内覧会では、「月に2、3個売れれば良いほうだと思っていた」と漏らす社員も。ではなぜ、社内でも期待感が薄かった企画の実施に踏み切ったのだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中