2021年 10月 23日 (土)

「別人かと思った」めるるの演技力に絶賛 「恋です!」ヤンキー役に「全然イメージ違う」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」(日本テレビ系)で、ヒロインの恋敵役を演じるタレントの「めるる」こと生見愛瑠さんの演技力が話題になっている。

  • 生見愛瑠さん(写真:Pasya/アフロ)
    生見愛瑠さん(写真:Pasya/アフロ)
  • 生見さんのインスタグラム(@meru_nukumi)より
    生見さんのインスタグラム(@meru_nukumi)より
  • 生見愛瑠さん(写真:Pasya/アフロ)
  • 生見さんのインスタグラム(@meru_nukumi)より

「私もコレ(白杖)持ちたいなぁ...」

   ドラマの原作は、作家・うおやまさんによるWEB連載の人気漫画「ヤンキー君と白杖ガール」。勝ち気な盲学校生・赤座ユキコ(杉咲花さん)と、喧嘩っ早いがピュアな心を持つヤンキー・黒川森生(杉野遥亮さん)が出会い、不器用ながらも惹かれ合うラブコメディだ。

   生見さんが演じるのは、森生の中学時代の同級生・橙野ハチ子。森生やその友人の花男の溜まり場である喫茶店でアルバイトしており、学生時代にイジメから守ってくれた森生に好意を持っている。いわばユキコの「恋のライバル」といった役どころだ。

   ※以下、一部ネタバレを含みます※

   2021年10月14日放送の第2話では、ユキコは急遽森生と映画デートすることになってしまう。初めは抵抗感を抱いていたものの、森生の持ち前の天真爛漫さのおかげか、フタを開けてみれば楽しいひとときとなる。

   映画を観終わり、のんびりしていると、そこへ突然ハチ子が登場。ユキコが森生と映画デートしたことを面白くないと感じているハチ子は、森生が席を外したタイミングで、ユキコの白杖を手に取り「これが白杖?」とポツリ。

   続けて、過去に森生がイジメから自身を救ってくれたことを明かし、

「あいつ、ああ見えて目の前に困ってる人がいると放っておけないから。だからあなたのことも放っておけないのかも」
「私もコレ(白杖)持ちたいなぁ...。そしたら森生、私のこと放っておけなくなって、ずっと一緒にいてくれるかも」

と煽る。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中