2021年 12月 4日 (土)

巨人10連敗脱出も駆け引きなし、覇気なし... OB苦言「この1勝で何かが変わるかな?」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   プロ野球巨人の元監督で野球解説者の堀内恒夫氏(73)が2021年10月20日にブログを更新し、巨人のチーム状態に苦言を呈した。

   巨人は20日に横浜スタジアムでDeNAと対戦し3-2で勝利した。チームは連敗(2引き分け挟む)を10でストップし、クライマックスシリーズ(CS)進出へ大きく前進した。

  • 原辰徳監督(14年撮影)
    原辰徳監督(14年撮影)
  • 原辰徳監督(14年撮影)

堀内氏「駆け引きなんかの面白味もない」

   堀内氏は「連敗が止まった」との見出しで試合を振り返り、「連敗が止まった。それも大事なことだが申し訳ないけどただそれだけのように思えた」と率直な感想を記した。

   そして選手個々に関して「本人たちは、その場その場で一生懸命やっているに違いない」とした上で「ただ、試合全体をみると...ホームランで決まった試合。駆け引きなんかの面白味もないし一番気になるのは選手の覇気が感じられないということ」と苦言を呈した。

   試合はDeNAが初回に連続タイムリーで2点を先制。巨人は2点ビハインドの2回、1塁に岡本和真(25)を置き5番ウィーラー(34)がレフトスタンドに同点弾を叩き込んだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中