2021年 12月 6日 (月)

西島秀俊に「連続ビンタ」 「真犯人フラグ」強烈シーン、芳根京子が反響明かす「最高だったって」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   俳優の芳根京子さん(24)が2021年10月22日、出演中のドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系)のオフショットをインスタグラムで公開した。

  • 芳根京子さんのインスタグラムから
    芳根京子さんのインスタグラムから
  • 芳根京子さんのインスタグラムから

「課長、目を覚ましてください!」と呼びかけながら連続ビンタ

   芳根さんが公開したのは10月17日放送の第2話で着ていた衣装の姿で写る3枚の写真。「2話面白かったっていろんな方に言われます。嬉。ビンタ最高だったって。嬉。課長の白目最高だったなぁ」と撮影を振り返っている。

   第2話では芳根さん演じる二宮瑞穂と、俳優の西島秀俊さん(50)演じる瑞穂の上司で課長の相良凌介が深夜に職場に忍び込み、データをコピーして盗み出すシーンがあったが、そのコピーの最中に別の従業員が職場に戻ってくるというのっぴきならないシーンがあった。

   この際、凌介は「僕は......何を......?」と気が変になったふりを始め、さらには白目をむいてその場をしのごうとした。共犯たる瑞穂は「正気を取り戻させる」べく、凌介の胸ぐらを掴んで体を激しくゆさぶったほか、「課長、目を覚ましてください!」と呼びかけながら連続でビンタを放っていた。

   当該シーンは「ビンタと西島さんの白目笑ってしまう笑」といった声がツイッターに上がるなど、視聴者に強い印象を与えた場面の1つ。今回の芳根さんの投稿は、その反響に応えたもののようだ。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中