2021年 12月 4日 (土)

DeNA三浦監督「粋なスピーチ」に称賛 燕ファンへの言葉に「泣きました」「ありがとう番長」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   プロ野球DeNA・三浦大輔監督(47)の粋な「祝辞」がインターネットで称賛を集めている。

   DeNAは2021年10月26日、ホーム横浜スタジアムでの最終戦でヤクルトと対戦し1-5で敗れた。勝利したヤクルトは2位阪神の敗戦でリーグ優勝が決まり、DeNAの本拠地最終戦セレモニーに先んじて優勝セレモニーを行った。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

ツイッターでは「感謝しかない、ありがとう番長」

   試合後のグランドではヤクルトの胴上げ、高津臣吾監督(52)の挨拶、選手らの記念撮影などが約15分間にわたって行われ、DeNAのセレモニーはその後に行われた。

   セレモニーの冒頭では三浦監督がチームを代表して挨拶。その第一声がSNSで話題となった。

   三浦監督は挨拶の冒頭で「まずはヤクルトスワローズファンの皆様、優勝おめでとうございます」と、スタジアムに足を運んだヤクルトファンに向けて祝福のコメントを送った。

   ホーム最終戦で優勝の胴上げを目の当たりにしながらも、敵軍ファンを気遣う姿勢にツイッターでは「三浦監督の第一声には泣きました」「敵軍に祝辞を述べることのできる新人監督三浦大輔番長のカッコよさ」「感謝しかない、ありがとう番長」「気遣い出来る男って感じでカッコ良かった」などの声が上がった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中