2021年 12月 6日 (月)

V6の「V」の由来? 26年前に始まり、現在まで続く「ジャニーズ×バレー」の縁

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   アイドルグループ・V6が2021年11月1日をもって解散し、26年間のグループ活動に終止符を打つ。メンバー間の年齢差最大9歳で、デビュー前はバラバラに活動していた6人だが、結成のきっかけになったのがバレーボールの国際大会「バレーボールワールドカップ」であり、一時期この大会に合わせて新グループがデビューするトレンドが続いていた。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「バレーのVと6人でいけるんじゃないか」

   音楽・テレビ・舞台・映画と多方面で活躍してきた6人だが、結成には1995年のバレーボールワールドカップがかかわっている。森田剛さん・三宅健さん・岡田准一さんのComing Century(カミセン)、坂本昌行さん・長野博さん・井ノ原快彦さんの20th Century(トニセン)が1つのグループになったきっかけがこの日本開催のバレーW杯で、タイアップソングを歌うグループとして6人が選ばれた。

   「バレーの『V』と6人でいけるんじゃないか」という故・ジャニー喜多川氏のアイデアで「V6」になったのでは、と井ノ原さんがNHK「SONGS」10月21日放送回で回想しており、デビュー曲「MUSIC FOR THE PEOPLE」が実際に95年大会のタイアップソングとしてリリースされ、大会公式サポーターも務めた。

   前年にはジャニーズ事務所先輩グループの忍者がバレーボールの国際大会「ワールドトップ4バレー」のタイアップソングをリリースするなど、90年代中盤からスポーツとのタイアップをジャニーズは打ち出していく。1998年長野冬季五輪でも少年隊がタイアップソングとして「湾岸スキーヤー」をリリースしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中