2021年 12月 6日 (月)

田中聖、朝倉未来「1000万円企画」辞退を謝罪 「パーティー報道」には印象操作と抗議

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   元「KAT-TUN」のメンバー・田中聖さんが2021年11月25日、ABEMA番組「朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円」への出場を放送直前で辞退したことを、YouTubeで謝罪した。

  • 田中聖さんのユーチューブチャンネルより
    田中聖さんのユーチューブチャンネルより
  • 田中聖さんのユーチューブチャンネルより

「(企画を)荒らす気はなかった」

   田中さんは20日の試合当日、ケガで急きょ辞退を申し出ていた。田中さんは動画で「今回、たくさんの方にご心配・ご迷惑をおかけしまして、誠に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

   今回の出場辞退に際し、多くの質問や意見が寄せられているとした。

   まず、怪我が嘘なのではないかとの声が多かったとして、田中さんは診断書を提示。病名の欄には「頸部捻挫」「右第9肋骨骨折」との文字が並んでいる。

   試合当日の辞退となったことに関しては、当初10月30日に予定されていた試合が朝倉未来さんの怪我で延期となったことを挙げ、

「僕ら素人の挑戦者にとって、0.01%でも(勝利の)確率を上げるチャンスだと思い、練習のピッチを上げてしまったのもあり......」

として、20日間の延期期間に練習を重ね、無理をしてしまったと振り返った。

   田中さんは7日の時点で骨折が発覚していたため、辞退に関しては11日にABEMA側に打診していたとした。協議の上で出場を目指しギリギリまで調整したものの、状態が悪化し当日の辞退発表になってしまった。

   「はじめからやる気がなかったのでは?」との声には、

「僕自身、朴光哲さんという素晴らしいファイターの方に週3日教わっていたんですけれども、そこまでして応募して、わざわざ骨折をしてまで最初から(企画を)荒らす気はなかったことをご理解ください」

と説明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中