2022年 1月 28日 (金)

北海道の赤飯は甘いって本当? TOKIO松岡&安田顕が語った「食文化の違い」とは

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   俳優の安田顕さんとTOKIOの松岡昌宏さんが、2021年12月8日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系)で、出身地である北海道の「お赤飯」事情について明かし、反響を呼んでいる。

  • 赤飯に地域差があった
    赤飯に地域差があった
  • 甘納豆を使った北海道の赤飯
    甘納豆を使った北海道の赤飯
  • 赤飯に地域差があった
  • 甘納豆を使った北海道の赤飯

「北海道で赤飯といえば、豆は甘納豆」

   質問コーナー「友達ってことで聞いていいですか?」で、城島茂さんから「衝撃を受けた料理は?」と尋ねられた安田さん。

   「せっかく松岡さんいるんで、北海道の衝撃を受けてほしい料理の話がしたい」として、札幌にある塩ジンギスカン屋を紹介。曰く、そのお店は七輪で焼くスタイルらしく、ラム肉の独特な香りが苦手な人でも食べられると熱弁する。

   安田さんの話を熱心に聞いていた「TOKIO」のメンバーだが、語り終えたところで国分太一さんが「そういう話じゃないんですよ」と、あくまで上京して衝撃を受けた料理や食文化の話がしたいとツッコミ。

   すると松岡昌宏さんは「どうでした? 赤飯とかは」と話題を振り、安田さんは

「赤飯... あ! 赤飯って甘納豆じゃないですね」

とわざとらしく驚いた表情をし、「合ってます...?」と松岡さんに目配せ。これに松岡さんがオーケーサインを出しながら、口パクで「合ってます」と伝えると、安田さんは続けて、

「北海道で赤飯といえば、豆は甘納豆」

と説明を重ねる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中