2022年 1月 29日 (土)

中村俊輔、W杯落選で「韓国逃亡」 「試合は見れないから...」19年前の真実明かす

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

    サッカーの元日本代表MFで横浜FCに所属する中村俊輔(43)が2021年12月18日に公開されたユーチューブ動画で、02年日韓ワールドカップ(W杯)で代表落ちした時のエピソードを明かした。

    中村が出演したのは、元日本代表MFの鈴木啓太氏(40)のユーチューブ動画。鈴木氏との対談を通じて、当時の出来事を振り返った。

  • 中村俊輔(写真:長田洋平/アフロスポーツ)
    中村俊輔(写真:長田洋平/アフロスポーツ)
  • 中村俊輔(写真:長田洋平/アフロスポーツ)

「俺的な気持ちは『あーやっと終わった』」

    97年にJリーグの横浜マリノス(現横浜F・マリノス)に入団した中村は、98年にA代表に初招集された。00年にはU-23日本代表に選出されシドニー五輪に出場。代表では華麗なプレーで輝きを放ち、フィリップ・トルシエ監督率いる02年日韓W杯代表入りが有力視されるもメンバーから漏れた。

    当時、中村の代表落ちは大きな話題となり、落選を巡って物議をかもした。

    代表落選を受けて行った会見には多くの報道陣が駆けつけた。「(記者が)すごいいて。ビックリするよ。パシャパシャパシャって。階段上がったら(カメラのフラッシュで顔が)熱いのよ。カシャカシャっていうので」と振り返った中村は、当時の心境にも言及した。

    「(記者が)泣いてると思ったんじゃない。悲しんでるというか。俺的な気持ちは『あーやっと終わった』と思って。プレッシャーというか肩の荷物が落ちたという感じで、終わったなというか、やり切ったというか。全く悔いはない。手応えあったから。あとはもうトルシエ(監督)が選ぶことだから」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中