2022年 1月 29日 (土)

M-1ハライチ、ネタ時間「大幅オーバー」のなぜ 「最低評価」ナイツ塙の分析は

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   お笑いコンビ「ナイツ」の塙宣之さんが、審査員を務めた「M-1グランプリ2021の結果や各コンビへの採点について自身のYouTubeで振り返った。

  • 「ハライチ」岩井勇気さんのツイッター(@iwaiyu_ki)より
    「ハライチ」岩井勇気さんのツイッター(@iwaiyu_ki)より
  • 「ハライチ」岩井勇気さんのツイッター(@iwaiyu_ki)より

ゆにばーすは「ちょっと上手すぎた」

   2018年から4年連続で「M-1」の審査員を務める塙さん。

   2021年12月20日に公開された動画は、生放送後すぐ撮影されたもので、食事を摂りながら終始リラックスした雰囲気で行われた。

   塙さんは、3組目「ゆにばーす」の点が伸び悩んだことについては、

「はら(ボケ担当)がちょっと上手すぎちゃったんだよね多分。昔ほど隙がないというか、仕上がりすぎちゃってた感じがしたね」

と持論を展開した。

   また、敗者復活戦から勝ち上がった4組目「ハライチ」について、「敗者復活はわかりやすいやつ(ネタ)でトップ通過して、(決勝で)やりたいことをやるっていう一番かっこいいやり方で最後の年(ラストイヤー)を迎えられたというので、ハライチは良かった」と評する。

   また、M-1決勝ではネタの持ち時間が4分と定められているところ、ハライチは約1分30秒ほどタイムオーバー。この点について塙さんは、

「(ハライチは)長く長くやって笑わせてくるのが染みついちゃってたのかもしれないね」「4分にアジャストするのは難しかったのかな」

と分析していた。

   なお、塙さんはファーストステージで、「ゆにばーす」に91点、「ハライチ」に89点をつけている。ハライチへの点数は、塙さんがつけた中では最低点だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中