2022年 1月 23日 (日)

LCCが初の「太平洋越え」路線 初便乗客53人...それでも増便決めた理由

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   日本航空(JAL)傘下の中長距離格安航空(LCC)、ZIPAIR(ジップエア)が成田-ロサンゼルス線を2021年12月25日に開設した。ジップエアにとってはソウル(仁川)、バンコク(スワンナプーム)、シンガポール、ハワイ(ホノルル)に次ぐ5路線目で、LCCが太平洋を横断する路線を開設するのは初めて。西田真吾社長ら関係者がサンタクロース姿で初便を見送った。

   国境を超えた往来が制限される中、290人乗れる機体に対して初便を予約したのは60人。実際に乗った人は53人だった。ただ、貨物需要に下支えされており、「飛ばせば飛ばすほど、赤字を圧縮できるという算段が立った」(西田社長)。週3往復で運航を始めたが、1月14日から冬ダイヤが終わる3月26日にかけて、週6便に増便する。

  • ZIPAIR(ジップエア)のロサンゼルス行き初便は53人が搭乗。西田真吾社長(左端)ら関係者がサンタクロース姿で見送った
    ZIPAIR(ジップエア)のロサンゼルス行き初便は53人が搭乗。西田真吾社長(左端)ら関係者がサンタクロース姿で見送った
  • 搭乗ゲートにはクリスマスツリーが飾られた
    搭乗ゲートにはクリスマスツリーが飾られた
  • テープカットには、チーバくんも登場
    テープカットには、チーバくんも登場
  • 祝辞を述べる千葉県の熊谷俊人知事。処分就航を「私たちにとっても大変意義深い」と語った
    祝辞を述べる千葉県の熊谷俊人知事。処分就航を「私たちにとっても大変意義深い」と語った
  • ZIPAIR(ジップエア)のロサンゼルス行き初便は53人が搭乗。西田真吾社長(左端)ら関係者がサンタクロース姿で見送った
  • 搭乗ゲートにはクリスマスツリーが飾られた
  • テープカットには、チーバくんも登場
  • 祝辞を述べる千葉県の熊谷俊人知事。処分就航を「私たちにとっても大変意義深い」と語った

「『太平洋を渡りきるLCC』という悲願達成」

   この日行われた就航記念式典で、西田氏は

「(北米路線でLCCという)選択肢をお客様に提示できるようになった」
「我々にとっては、『太平洋を渡りきるLCC』という悲願達成とともに、私どもは、新しい競争環境に身を投じることになる」

などと新路線の意義を強調した。

   運賃は便によって変動するが、普通席にあたる「スタンダード」(Standard)が片道2万7500円から、ビジネスクラスにあたる「ジップフルフラット」(ZIP Full-Flat)が8万8000円から。西田氏は就航を発表した11月12日の記者会見で、「フルサービスキャリア」(FSC)と呼ばれる既存の航空会社と比べて「かなり価格競争力があると思っている」と強調した上で、特に座席が水平になる「フルフラット」のFSCビジネスクラスと比べると「4分の1ぐらいの値段で設定できている」と説明していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中