2022年 1月 23日 (日)

朝倉未来、RIZIN「八百長騒動」で謝罪 久保&シバターを推薦「責任を感じています」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   格闘家で人気ユーチューバーの朝倉未来(29)と格闘家HIROYA(30)が、それぞれのユーチューブチャンネルで公開した動画で、2021年大みそかに開催された格闘技イベント「RIZIN.33」での「八百長騒動」について言及した。

  • 朝倉未来(写真:Motoo Naka/アフロ)
    朝倉未来(写真:Motoo Naka/アフロ)
  • 朝倉未来(写真:Motoo Naka/アフロ)

朝倉「八百長はもちろんRIZINにはない」

   「RIZIN.33」で総合格闘家の久保優太(34)とユーチューバーのシバター(36)が対戦。試合はシバターが1ラウンド2分16秒に飛びつき腕ひしぎ逆十字固めを決めて1本勝ちを収めたが、試合後に両者の間で交わされたとみられるLINEのやりとりがインターネットに流出し波紋を広げている。

   LINEのやりとりは試合前に行われたとみられ、試合における「約束事」が明記されていたとされる。SNSでは「八百長」を疑うファンのコメントが寄せられ、選手、関係者らを巻き込んでの騒動に発展している。

   朝倉は22年1月6日に公開した動画の中で、今回の騒動の経緯を説明し、「言ってしまえば久保選手は詐欺にあった感覚だと思うので、たぶんいてもたってもいられず裏事情をSNSで全部話してしまった」と推測し、RIZINの試合において八百長がないことを訴えた。

「全体的にみて思ったことは八百長みたいな話はRIZIN史上初めて起こったことです。この八百長みたいな事が起こったからといって他の試合が八百長だと言っている人は見る目がないなと。普通に試合を見たらわかるでしょというレベルの話。八百長するメリットがないRIZINの選手に。海外の何百億とかかけられた試合ならありえるけど、負けたら終わりなんで選手は。八百長はもちろんRIZINにはない」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中