2022年 5月 29日 (日)

「大事なコレクションを捨てられた」 家族間での「勝手に断捨離」はなぜ絶えないのか

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ツイートまとめサービスTogetter(トゥギャッター)を運営しているスタッフがTwitterで注目された話題を厳選し、考察するコラムの第35回です。今回は「家族に私物を捨てられた話」がTwitterで何度もバズる背景と、時代による変化を探ります。

Togetter社が解説する「3分くらいで分かる週刊Twitterトレンド」<出張版>

  • 「物を勝手に捨てられた」が共感を呼ぶ理由(画像はイメージ)
    「物を勝手に捨てられた」が共感を呼ぶ理由(画像はイメージ)
  • 「物を勝手に捨てられた」が共感を呼ぶ理由(画像はイメージ)

「大切なもの」を捨てられた体験への反響

   先日、実家を1か月ほど離れていたあいだに子どもの頃から集めていたマンガやおもちゃを家族に捨てられてしまったうえ、自分の部屋もなくなったという人のツイートが大きく拡散。このユーザーは「家に帰る理由はなくなった」とまで発言しています。

<実家をたった1か月離れた間に、子どもの頃から集めてた漫画や玩具をほとんど捨てられていた もう家に帰る理由が無くなった - Togetter>

   こういった「家族に私物を捨てられた話」が注目されるのは今回が初めてではありません。以前から同じような体験談はTwitterに投稿されており、その度に引き合いに出される「伝説のコピペ」があります。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中