2022年 5月 22日 (日)

「てか、ジョーは毎日何してるの?」 カムカムるい一家の暮らしぶりに視聴者驚き

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   2022年1月31日に放送されたNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で、2代目ヒロイン・大月るい(深津絵里さん=49)一家の暮らしぶりに、驚く声が視聴者から相次いでいる。

   この日の放送では、るいと夫の錠一郎(オダギリジョーさん=45)の間に3代目ヒロインのひなたが生まれたことが描かれると、時代は大きく飛んで1975年の夏に。小学校4年生になったひなたや、回転焼き屋を切り盛りするるいの姿などが描かれた。

  • オダギリジョーさん(写真:Abaca/アフロ)
    オダギリジョーさん(写真:Abaca/アフロ)
  • オダギリジョーさん(写真:Abaca/アフロ)

「どんだけ回転焼き儲かるのか不思議がたくさん」

   作中では、ひなたが生まれる前と変わらず勢いよく回転焼きが売れる様子が描かれた一方で、錠一郎がひなたの面倒をよく見ていることが分かるシーンが流れた。

   ドラマ中盤ではひなたがラジオ体操に参加するシーンがあり、その中で、錠一郎は地域の大人たちと一緒にラジオ体操の主催者として参加していたほか、終盤では夕立の中帰宅したひなたの体をバスタオルで拭く場面も。

   このように、何かにつけ、ひなたの面倒を見ていることが分かる演出がなされていた。その一方で、錠一郎が仕事をしているシーンや、仕事を匂わせる演出は見当たらなかった。

   こうした錠一郎の姿から、大月一家の収入源は、るいが切り盛りする回転焼き屋だけ、という可能性もあり、視聴者からは、

「てか、ジョーは毎日何してるの? 回転焼きだけでほんとに一家3人暮らしていけてるの?」
「この10年間ジョーは何をしていたのか、、どんだけ回転焼き儲かるのか不思議がたくさん」

   といったツッコミが相次いだのだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中