2022年 5月 18日 (水)

フジ「すべらない話」テレビ欄の粋な「縦読み」が反響 「コロナ禍の暗い時だからこそ...」「素敵」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   2022年1月29日の新聞朝刊のテレビ欄に掲載された、トークバラエティ番組「人志松本のすべらない話」(フジテレビ系)の説明文に注目が集まった。粋な縦読みメッセージが隠されていたというのだ。

  • 松本人志さん
    松本人志さん
  • フジテレビ「すべらない話」のラテ欄に縦読みできるメッセージがある(写真は1月29日読売新聞朝刊)
    フジテレビ「すべらない話」のラテ欄に縦読みできるメッセージがある(写真は1月29日読売新聞朝刊)
  • 松本人志さん
  • フジテレビ「すべらない話」のラテ欄に縦読みできるメッセージがある(写真は1月29日読売新聞朝刊)

「縦読みが一番すべらない話」

   29日朝刊の同番組の説明文には、「土曜プレミアム 人志松本すべらない話」に続いてこんな言葉が並んだ。

「こんやは初出場6名み
んな緊張!話芸の祭典
なみだのお別れ...沢部
時の人母校へ...ひとり
コンプラいらん...小藪
そう定外の家電...川島
家族ができました粗品
ディスりラップせいや
笑っていい?謹慎...亮
王者錦鯉渡辺も参戦!」(原文ママ)

   番組名の次の行から頭文字だけを縦読みすると「こんな時コそ家デ笑王」、つまり「こんな時こそ家で笑おう」というメッセージになっているのだ。

   新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、SNSでは、粋なメッセージを発見した人たちの喜びのツイートが相次いだ。

「今日のラテ欄見てたら、すべらない話が縦読みで、『こんな時こそ家で笑おう』になっててホッコリした」
「縦読みが一番すべらない話」
「すべらない話、ラテ欄の縦読みが素敵!」
「縦読み見るたび、上手いこと繋げるなあと関心する」
「コロナ禍の暗い時だからこそ、笑いたいですね」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中