2022年 5月 24日 (火)

「カムカム」川栄李奈の英語は大丈夫? 9年前「ハステとワステ事件」思い出す声

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」について、俳優の川栄李奈さん(26)演じる3代目ヒロインの登場が間近に迫っている。

   川栄さんは2代目ヒロインの大月るい(深津絵里さん=49)の娘・ひなたとして2022年2月10日から出演し、昭和50年代を生きる女性を演じる。

   ドラマではNHKラジオの英語講座が、祖母の安子(上白石萌音さん=24)、母のるい、そして、ひなたの3代を貫くテーマとして用いられる。それに関して、一部の視聴者からは、川栄さんの語学力を心配するような声も上がっている。

  • 川栄李奈さん(2018年撮影)
    川栄李奈さん(2018年撮影)
  • 川栄李奈さん(2018年撮影)

「ハステとワステの川栄ちゃんが。今週カムカム出てくるんだな え、英語」

   7日の放送では小学生時代のひなた(新津ちせさん=11)がラジオ英会話の放送に耳を傾けるシーンが放送された。

   川栄さんの登場はこれからで、詳細にどのような役どころを演じるかは分からない。ただ、川栄さんは撮影に向けて英語と関西弁の練習に励んでいると、複数メディアの合同インタビューで明かしている。

   にもかかわらずネット上では、川栄さんの語学力を心配するような形で、「ハステとワステの川栄ちゃんが。今週カムカム出てくるんだな え、英語」といった声が散見される事態となっている。

   というのも、川栄さんは2013年4月放送の「めちゃめちゃイケてるッ!」(フジテレビ系=放送終了)の学力試験特集「抜き打ちテスト」に出演した際、英語の点数が100点37点だったのはもちろん、英語のことわざ「Haste makes waste」(「急いては事を仕損じる」「急がば回れ」の意)を「ハステとワステが仲良く作った」とまさかの不正解。結果、英語の苦手ぶりを全国に放送されてしまった赤っ恥体験があるのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中