2024年 5月 26日 (日)

「ビッグボーイ」の愛らしい看板キャラ、実は北海道のファミレスと同じだった! 運営会社が明かす納得の理由

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   北海道のファミリーレストラン「ヴィクトリアステーション」の店頭に立つマスコットキャラクターが、同業の「ビッグボーイ」と同じだとツイッターで注目を集めている。

   いったいなぜ違う店で同じ看板キャラクターが採用されているのか。そもそもこのキャラクターは"何者"なのか。運営会社に聞いた。

  • 店頭に立つマスコットキャラクターが同じ?(写真:YUTAKA/アフロ)
    店頭に立つマスコットキャラクターが同じ?(写真:YUTAKA/アフロ)
  • 北海道のみで展開している「ヴィクトリアステーション」(画像:Googleマップより)
    北海道のみで展開している「ヴィクトリアステーション」(画像:Googleマップより)
  • ビッグボーイ(画像:Googleマップより)
    ビッグボーイ(画像:Googleマップより)
  • 店頭に立つマスコットキャラクターが同じ?(写真:YUTAKA/アフロ)
  • 北海道のみで展開している「ヴィクトリアステーション」(画像:Googleマップより)
  • ビッグボーイ(画像:Googleマップより)

経営統合後も屋号を残したため

   ヴィクトリアステーションの前には、ハンバーグ皿を抱えた少年の像が立っている。黒髪に青い目で、赤と白の格子柄のつなぎを着用している。この人形がビッグボーイのマスコットと同じだと、2022年2月5日ごろからツイッターで話題になっている。注目の発端となったツイートは10日15時現在までに2万3000件超のリツイート、8万9000超の「いいね」が寄せられている。

   ヴィクトリアステーションは北海道のみで展開しているチェーンレストラン。現在32店舗で、ハンバーグやステーキを中心としたメニューを提供している。一方でビッグボーイは本州を中心に同様のグリルメニューを展開している。このように共通点が多い2店は、実は同じ会社が運営している。

   「すき家」や「なか卯」、「ココス」などを手掛けるゼンショーホールディングス(東京都港区)の子会社「ビッグボーイジャパン」(東京都港区)だ。

   2つの店はもともと別の会社が運営していた。ゼンショーホールディングス広報は2月10日、J-CASTニュースの取材に、2000年にヴィクトリアステーション(札幌市)を統合し、屋号は残していると説明する。

   ちなみにビッグボーイではハンバーグメニューが人気で、ヴィクトリアステーションではステーキメニューが人気だという。そのため、それぞれの特色にあった限定メニューを展開しているという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中