2022年 5月 29日 (日)

アントニオ猪木「NHK特番」にネット反響...闘病生活に密着 「まさに燃える闘魂」「涙が止まりませんでした」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   元プロレスラーのアントニオ猪木氏(79)のドキュメンタリー番組「燃える闘魂 ラストスタンド~アントニオ猪木 病床からのメッセージ~」が2022年3月2日にNHK総合で再放送されSNSで大きな話題を集めた。

  • アントニオ猪木氏(20年2月編集部撮影)
    アントニオ猪木氏(20年2月編集部撮影)
  • アントニオ猪木氏(20年2月編集部撮影)

「本当はこういう映像は見せたくなかったんですけどね」

   同番組は21年11月27日にNHK BSプレミアムで放送されたもので、新日本プロレスなどで活躍した元プロレスラーの「KENSO」こと鈴木健三氏(47)がプロデューサーを務めた。

   番組では入院していた猪木氏の病名が「全身性トランスサイレチンアミロイドーシス」であることが明かされ、アミロイドという物質が心臓をはじめ全身に溜まり血液循環が悪くなる難病だと説明した。

   猪木氏はドキュメンタリー番組に出演するにあたり、「本当はこういう映像は見せたくなかったんですけどね。これもひとつの強いメッセージばっかりじゃなくてこんなにももろい、弱い、どうとるかは知りませんよ見た人たちが。そういうひとつの人間としてそういう場面があってもいいかなって」と心境を吐露した。

   番組では猪木氏の闘病生活の他に生い立ちからプロレスラーとしてリングで活躍する姿などが当時の写真を交えながら紹介され、1976年6月に行われたボクシングの元ヘビー級王者モハメド・アリ(米国)との異種格闘技戦の模様も写真で振り返った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中