2022年 5月 22日 (日)

胃がん5000万募金断念の選手を激励 笠井アナが明かした予想外の反響「意見表明してよかった」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   胃がんのステージ4であることを公表したバレーボール男子日本代表・藤井直伸選手をめぐる募金活動について、血液がんの悪性リンパ腫を経験し、寛解したフリーアナウンサーの笠井信輔さんがインスタグラムで持論を展開している。

  • 笠井信輔アナ(写真:2021 TIFF/アフロ)
    笠井信輔アナ(写真:2021 TIFF/アフロ)
  • 藤井直伸選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
    藤井直伸選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 笠井信輔アナ(写真:2021 TIFF/アフロ)
  • 藤井直伸選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

募金開始から4日で中止に

   藤井選手は、日本代表のセッターとして東京五輪にも出場したバレーボール選手だ。現在は東レアローズに所属しプレーしているが、2022年2月27日に自身のインスタグラムで胃がんのステージ4と診断を受けたことを明かし、しばらく闘病に専念するとしていた。

   3月1日には、藤井選手と同期入団の井手智選手・伏見大和選手・佐野翔選手の3人が治療費をサポートするための募金「Team藤井募金」をスタート。31日までの1か月間で、目標額5000万円の募金を始めていた。

   今後の治療方針は体調などと相談しながらであるとしつつも、保険適用外の治療も受けていく可能性があることから選択肢の幅を広げるためにスタートしたという。しかし、5000万円の目標額が具体性を伴わないなどとして批判が相次ぎ、募金は予定を大幅に繰り上げ4日に終了した。

   3人は「Team藤井」のアカウントで謝罪文を公開している。

「藤井は癌の進行が早いため、僕たちが勝手に最悪な想像を膨らましてしまい、海外での治療等全ての治療法の中から本人が望む治療法を全て叶えてあげたいという一心で、目標金額を5000万円という設定にしてしまいました」
「これから本人に行われる詳しい治療内容を聞いていないにも関わらず、僕たちが見切り発車をしてしまったことが、不信感や、不快感を作り出す大きな原因となってしまいました」

   藤井選手自身もインスタグラムで募金の終了をアナウンスし、協力への感謝と謝罪を述べた。

「治療方針も明確に定まっていないのにも関わらず、冷静な判断ができなかったことにより、私たち家族や知人、会社、チーム等の理解を得ることもなくスタートした事で、大勢の方にご迷惑や不快な思いをさせてしまったのも事実です。大変申し訳ございません」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中