2022年 5月 24日 (火)

カムカム父・稔の言葉に視聴者の涙腺崩壊「ずっとるいに伝えたかったんか」 終戦記念日の「奇跡」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2022年3月18日に放送されたNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」の終戦記念日の演出に、視聴者の注目が集まっている。

   この日の放送では夏の高校野球を視聴中の出演者たちがテレビから流れるサイレンの中で黙祷をささげるシーンがあり、終戦記念日を思わせるシーンがあった。それと並行して差し挟まれていた二代目ヒロイン・大月るい(深津絵里さん=49)が体験したシーンに「奇跡」だという声が視聴者から上がったのだ。

  • 深津絵里さん(写真:Visual Press Agency/アフロ)
    深津絵里さん(写真:Visual Press Agency/アフロ)
  • 深津絵里さん(写真:Visual Press Agency/アフロ)

終戦記念日のサイレンの中

   番組中盤、帰省先の雉真家の近くにある神社にやってきたるいと夫の錠一郎(オダギリジョーさん=46)。境内に向けて歩を進めると、シーンは切り替わって雉真家のものに転換した。るいの叔父の雉真勇(目黒祐樹さん=74)とその妻の雪衣(多岐川裕美さん=71)、さらに、るいの息子の桃太郎(青木柚さん=21)が夏の高校野球を視聴していると、テレビからはサイレンが鳴り響いた。サイレンに合わせ、3人は黙祷を始めた。

   すると、シーンは神社に切り替わり、同時刻にるいと錠一郎が境内で祈りをささげる姿が流れた。それが終わると、るいの母で初代ヒロインの安子(上白石萌音さん=24)が同神社で1945年の8月15日を迎えた回想シーンが流れた。るいと錠一郎のシーンに戻ると、るいの隣に錠一郎の姿はなく、代わりにあったのは海軍の制服を着たるいの父・雉真稔(松村北斗さん=26)の姿だった。

   稔はるいの幼少期に戦死。成長したるいの横に姿を現すことはありえないが、この日の放送では高校野球中に黙祷を捧げる3人のシーンなどとクロスカッティングさせる形で、るいと稔の邂逅を演出。何回目かのシーンの交錯のあと、るいは右隣に立つ稔に「お父さん......お父さんですか?」と呼びかけた。

   すると、稔はるいに対し、

「どこの国とも自由に行き来できる。どこの国の音楽でも、自由に聞ける。自由に演奏できる。るい、お前はそんな世界を生きとるよ」

と語りかけたのだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中