2022年 5月 24日 (火)

「ヤマザキ春のパンまつり」なぜ「白い皿」? 累計5.4億枚の人気景品、広報に聞く40年のこだわり

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   白い皿がもらえる山崎製パン(東京都千代田区)の「ヤマザキ春のパンまつり」は、毎年ツイッターなどで盛り上がるインターネット上でも人気のキャンペーンだ。フランスの有名ブランドの皿を採用しており、2022年の今年も「一枚も割れたことない」「品質が凄い」などと話題を呼んでいるが、そもそもなぜ白い皿なのか。J-CASTニュースは2022年3月18日、山崎製パンにプレゼントの背景を取材した。

  • 「ヤマザキ春のパンまつり」公式サイトより
    「ヤマザキ春のパンまつり」公式サイトより
  • 「ヤマザキ春のパンまつり」公式サイトより
    「ヤマザキ春のパンまつり」公式サイトより
  • 「ヤマザキ春のパンまつり」公式サイトより
  • 「ヤマザキ春のパンまつり」公式サイトより

「清潔感とスマートさにあふれた、おしゃれなお皿として好評」

   山崎製パンは、1981年から毎年春、商品に貼られた点数シールを集めて白い皿に交換するキャンペーンを実施している。配る皿は初開催から現在まで、フランスのデュラン社(現・アルク)のものを採用している。なぜなのか、広報は次のように説明した。

「第1回目の『春のパンまつり』キャンペーンを実施するにあたり、パンを食べる朝の食卓をイメージして、パン食文化の本場であるフランスのデュラン社製(現在はアルク・フランス社)の真っ白なお皿を採用しました。同社は、世界最大のガラス食器メーカーと言われています。この白いお皿は清潔感とスマートさにあふれた、おしゃれなお皿として好評をいただいたことから、以後、継続して景品としています」

   第1回からこれまでの皿の交換枚数は約5億4000万枚。毎年楽しみにしているファンが多いため、山崎製パンは白い皿を配ることにこだわり続けている。

   皿のデザインは毎年、新しいものを選んでいる。今年の「白いスマイルボウル」は、「パン食シーンとの相性の良さが抜群でスープやサラダの盛り付けに最適な、シンプルなデザインで少し深めのボウル型のお皿」だとしている。

   広報によれば、昨年のキャンペーン開催中の3月ごろから流行やトレンドなどをもとに検討を開始。8月ごろには約10種類まで絞り、消費者モニターからの意見を参考にしながら、サイズや使い勝手の検討を重ね、11月に決定した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中