2022年 5月 24日 (火)

ラーメンに爪楊枝を大量にぶち込む 迷惑客の逆ギレ行動に店主激怒「2度と来るな」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   茨城県水戸市内のラーメン店が、店への腹いせで来店者がラーメンに爪楊枝などを大量にぶち込んだとして、その写真をツイッターに投稿した。

   どんなトラブルがあったのか、店主に話を聞いた。

  • 店の商品の1つ(「いっけんめ」公式ツイッターから)
    店の商品の1つ(「いっけんめ」公式ツイッターから)
  • 出したラーメンが無残な姿に(「いっけんめ」公式ツイッターから)
    出したラーメンが無残な姿に(「いっけんめ」公式ツイッターから)
  • 店の商品の1つ(「いっけんめ」公式ツイッターから)
  • 出したラーメンが無残な姿に(「いっけんめ」公式ツイッターから)

テーブルにあった調味料も、ラーメンにぶちまける

   麺が汁を吸ってしまったようなラーメンの上に、爪楊枝が100本を超えるくらい突っ込まれている。一瞬、何かのトッピングかと思った人も多いようだ。

   この写真は、「中華そば いっけんめ」の公式ツイッターに2022年3月22日、支店の茨大店の店主が投稿した。

   店では、トッピングの後から注文や追加注文は断っているといい、この来店者は、断られた腹いせにこのようなことを行ったという。投稿では、「店の外で呼び止めて2度と来るなと丁寧にお断りしました。いくらやっても構いませんが、自分の行ける店が減るだけです」と憤っていた。

   写真の投稿は、3万件以上リツイートされており、来店者の乱暴な行為に驚き、非難する声も相次いでいる。

   その後のツイッターでの店の説明や、店主(49)にJ-CASTニュースが23日に話を聞いたところによると、来店者の中年男性は22日昼ごろ、店に1人で来て、名古屋コーチンスープのラーメンを注文した。その後、「刻み玉ねぎ」のトッピングを後から注文しようとして、店が断ると、この男性は、テーブルにあった爪楊枝のほか、七味やコショウといった調味料をラーメンにぶちまけるなどして店を出た。

   店では、男性に賠償を求めたり警察に通報したりまではしなかったものの、2度と来店しないよう言い渡し、男性は、黙ったまま帰って行ったという。

   実は、この男性は、21年末ごろから度々来店していた。最初は、連日のように来て、同じトッピングを2分おきぐらいに数回注文することが続いた。

   男性がそうした行動に出た理由について、店主は、こう推測する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中