2022年 5月 17日 (火)

佐々木朗希とバッテリーの松川虎生、古田敦也が「驚いた」能力 開幕直後に分析していた長所

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   千葉ロッテ・佐々木朗希投手が2022年4月10日、NPBで28年ぶりに完全試合を達成した。20歳5か月での達成は日本プロ野球史上最年少だが、バッテリーを組んだ松川虎生捕手も入団1年目、18歳5か月で合計38歳10か月の史上最年少バッテリーでの完全試合だった。

   捕手としても史上最年少で快挙の立役者になった松川は、高卒捕手ながら今季開幕スタメン入り。ヤクルトで捕手として活躍した古田敦也氏もYouTubeチャンネル「フルタの方程式」で、開幕直後の3月27日 に投稿した動画で松川に注目していた。

  • 古田敦也氏が考える松川の長所とは(写真:つのだよしお/アフロ)
    古田敦也氏が考える松川の長所とは(写真:つのだよしお/アフロ)
  • 古田敦也氏が考える松川の長所とは(写真:つのだよしお/アフロ)

DeNA小園の球を受けた経験

   松川は市立和歌山高から21年ドラフト会議でロッテ1位指名で入団、開幕スタメンでマスクをかぶるとここまで7試合に出場している。打率は.167ながら4打点を挙げ、10日の試合でも6回裏に走者一掃の適時打で3打点を記録した。

   松川の長所として古田氏が3月の動画で挙げていたのは体格と肩だった。「驚きですよ。身体もでかいし、身長はそんなに大きくないけど横もしっかりしてるし。何が一番いいかって盗塁を刺せる能力を持っている。捕ってからも素早く投げますし肩も強いです」

   4月10日のオリックス戦での完全試合では、佐々木の最速164キロの球を受けていた松川。高校時代は現横浜DeNAの小園健太投手とバッテリーを組んでおり、この経験を「デカい。アマチュアの時から150キロ近い球を...小園くんもスライダーとかフォークも140キロ後半の球を投げてて、それには慣れてたと思う」と古田氏は話し、小園とのバッテリー経験がプロで活かされているとも示唆している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中