2022年 5月 23日 (月)

「キャスト全員犯人に見える」早くも考察白熱 TBS「マイファミリー」に漂う名作の予感

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   俳優の二宮和也さんが主演を務める日曜劇場「マイファミリー」(TBS系)第1話が、2022年4月10日に放送スタートした。誘拐事件が主軸である同作に、視聴者からは今後の「考察合戦」を期待する声があがっている。

  • 多部未華子さん(写真:つのだよしお/アフロ)
    多部未華子さん(写真:つのだよしお/アフロ)
  • 多部未華子さん(写真:つのだよしお/アフロ)

冷めきった夫婦が誘拐された娘を取り戻すために奔走する

   同作は、「グランメゾン東京」(2019年)や「TOKYO MER?走る緊急救命室」(2021年)などを手掛けた脚本家・黒岩勉さんのオリジナル作品。

   二宮さん演じる主人公・鳴沢温人は、ゲーム会社のCEOで、妻の未知留(多部未華子さん)と娘の友果(大島美優さん)と3人暮らし。あまり家庭を顧みておらず家族仲も良くないが、ある日突然、友果が誘拐される。夫婦で協力して事件解決に向け奔走することになる。

   ※以下、ネタバレを含みます。

   第1話では、仕事を終えて帰宅した温人の元に1本の電話がかかってくる。

   それは、友果を誘拐したという犯人からで、身代金の要求と警察への通報を拒絶する内容。未知留は犯人の要求通りに行動しようとする一方、温人は夫婦の力だけでは限界があるとして即刻警察に通報。誘拐事件のプロ・葛城(玉木宏さん)を中心に秘匿捜査が開始される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中