2022年 5月 28日 (土)

矢野監督「フライング退任表明」が低迷の原因に? 勝率ワースト.063の阪神、球団OBも「真意が分からない」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   プロ野球阪神の元投手で野球解説者の池田親興氏(62)が2022年4月14日に公開された高木豊氏(63)のユーチューブ動画にゲスト出演し、低迷が続く古巣・阪神の現状を分析した。

  • 阪神・矢野監督(写真:アフロスポーツ)
    阪神・矢野監督(写真:アフロスポーツ)
  • 阪神・矢野監督(写真:アフロスポーツ)

「始まる前にどうして監督は言ったのかなと」

   阪神は今季開幕からセ・リーグワーストの9連敗を喫しスタートから大失速。4月5日のDeNA戦で今季初白星を挙げるものの、その後は引き分けをはさんで6連敗と勝ち星に恵まれず、14日時点で1勝15敗1分の成績でリーグ最下位に沈んでいる。

   今季順位予想で阪神を1位に挙げたという池田氏は「はっきり言って優勝してもおかしくない戦力なんですよ」と指摘し、キャンプイン直前の1月31日に矢野監督が今季限りで退任することを表明したことに言及した。

「始まる前にどうして監督は言ったのかなと。気持ちはいろんなのがあると思います。矢野監督の思いが。ケジメというのもあったのかもしれないが、僕が選手だったらどういうテンションでやっていいのかなと」

   MCを務める高木氏から「やっぱり(低迷の)最大の要因というのは矢野監督が辞める宣言をしたということが引き金になっているというふうにOBとしては思う?」と問われた池田氏は「(矢野監督の)真意が分からない」とし、次のように続けた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中