2軍落ちの巨人・横川凱は「1軍で投げるところまでいってない」 堀内恒夫氏持論「でも、まだいい」

   プロ野球巨人の元監督で野球解説者の堀内恒夫氏(74)が2022年5月30日にブログを更新し、29日に札幌ドームで行われた日ハム戦に登板した巨人・横川凱投手(21)と畠世周投手(28)について言及した。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

横川、畠ともに出場選手登録抹消

   日ハム戦に先発した横川は初回と2回にそれぞれ1点を失った。4回には先頭・今川優馬外野手(25)に四球を与えるとアルカンタラ内野手(30)、宇佐見真吾捕手(28)に連続安打を許し無死満塁となったところで降板した。

   横川の後を継いでマウンドに上がった畠は、杉谷拳士内野手(31)、松本剛外野手(28)、上川畑大悟内野手(25)に連続タイムリーを許し、清宮幸太郎内野手(23)から三振を奪ったところで降板した。畠は打者4人に対して3安打1失点。チームは2-7で敗れた。

   横川、畠ともに5月30日に出場選手登録を抹消された。

   堀内氏は今季初先発で4回途中5失点の横川に対して「先発の横川凱はスピードしかりコントロールしかりまだ1軍で投げるところまでいっていない」と評し、「でも、まだいいんだよ。彼は2018年大阪桐蔭高校からの入団で21歳ちょうど大学4年間の時間を使ってみっちり鍛える期間だからね」と続けた。

姉妹サイト