ちむどんどん「伏線回収」に違和感噴出のワケ 識者に聞いた「カムカムとの違い」とは

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   放送9週目を迎えたNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」の展開が、思わぬ注目を集めている。

   きっかけは、ヒロイン・比嘉暢子(黒島結菜さん=25)の勤務先のレストランのオーナーの正体が明かされたこと。これを「伏線回収」と評価する声もあれば、「伏線回収でもなんでもない」と冷めた見方もあるのだ。

  • 黒島結菜さん(写真:2019 TIFF/アフロ)
    黒島結菜さん(写真:2019 TIFF/アフロ)
  • 黒島結菜さん(写真:2019 TIFF/アフロ)

「これ伏線回収のつもり?」

   2022年6月7日に放送された第42回では、レストランのオーナーが、暢子の大叔母であることが判明。暢子については第2週で、実家の家計の苦しさから東京に住む親戚に預けられそうになるというストーリーが展開しており、その親戚というのが勤務先のオーナーというものだった。

   このため、視聴者からは「おお、なかなかの伏線回収」といった、ドラマにちりばめられていた伏線が回収されたとする好評意見がツイッターに。その一方で、「これ伏線回収のつもり?」といった疑問も同時に上がってしまったのだ。

   展開が読めやすすぎる点など、一連の展開を「伏線回収」とすることに違和感を抱いた視聴者も少なくないようで、ツイッターには、

「オーナーやっぱりそうやったんかい笑 伏線として見え見えで驚きはないな...」
「視聴者みんなわかってるから驚きも何もない」

との声も出ている。

   はたして、暢子がオーナー=大叔母だと気付いたことは「伏線回収」といえるのか。J-CASTニュース編集部はドラマ、演劇、映画に詳しいライターの木俣冬氏に、今回の展開についての見解を聞いた。

姉妹サイト