2024年 2月 25日 (日)

プロ漫画家も「これはいいなあ!」 「洗浄力30回分」の「筆洗い」、スペインの開発元に経緯を聞いた

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   絵の具などを用いた後に筆の穂を洗うための道具「筆洗い」。一般的にはバケツなどの形状で親しまれている。現在ツイッター上では、1クリックで水の入れ替え可能な筆洗い「ブラシリンサー」に大きな注目が集まっている。

   開発したのは、塗料や工具などのホビー製品を手掛けるスペインの会社・グリーンスタッフワールドだ。J-CASTニュースは2022年6月13日、開発背景を取材した。

  • SNSで話題の「ブラシリンサー」
    SNSで話題の「ブラシリンサー」
  • ブラシリンサーの構造
    ブラシリンサーの構造
  • 約30回の洗浄能力
    約30回の洗浄能力
  • グリーンスタッフワールドは、スペースを有効活用し、快適で便利な作業環境を作ることを目的として道具を開発
    グリーンスタッフワールドは、スペースを有効活用し、快適で便利な作業環境を作ることを目的として道具を開発
  • SNSで話題の「ブラシリンサー」
  • ブラシリンサーの構造
  • 約30回の洗浄能力
  • グリーンスタッフワールドは、スペースを有効活用し、快適で便利な作業環境を作ることを目的として道具を開発

「えっトイレ?」「歯医者さんみたい」

   グリーンスタッフワールドが開発したブラシリンサーは、白い箱の左上に給水タンクが設置されたような形状をしている。箱の右上には筆を洗うウォーターポケットと、水を入れ替えるボタンがある。ボタンを押すとウォーターポケット内の汚れた水が排出され、綺麗な水に入れ替わる。

   日本では、模型やプラモデルの情報サイト「nippper.com」が特集し、大きな注目が集まった。ツイッターでは「えっトイレ?」「歯医者さんみたい」と驚く声や、「めっちゃほしい」と熱望する声が広がっている。漫画「炎の転校生」の作者である島本和彦さんも、「これはいいなあ!いや、これはいいなあ!!」とツイートしている。

   取材に対しグリーンスタッフワールドは、スペースを有効活用し、快適で便利な作業環境を作ることを目的として開発した道具の1つだと説明する。

「開発時に特にこだわったのは製品の大きさと、水を補充せずに使える回数です。スペースの効率性を追求し、コップ2杯分のスペースに仕上げました。給水タンク1本につき約30回分の洗浄能力を発揮できると思います」

   大きさは横幅が185ミリセンチメートル、高さが155ミリセンチメートル。タンクの容量は250ミリリットルで、汚れた水は500ミリリットルまで貯めることができるという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中