2024年 5月 27日 (月)

なぜ1包装に2粒? 懐かしのアメ「キュービィロップ」にブルボンが凝らした工夫

   ブルボン(新潟県柏崎市)の飴菓子「キュービィロップ」にツイッターで大きな注目が集まっている。「昔、子どもの頃舐めたことあります」「いつの間にか見なくなったなぁ」と懐かしむ声が広がったが、ブルボンによれば1986年に発売して以来のロングセラー商品。現在も販売中だという。

   キュービィロップは、キューブ状のカラフルなキャンディーを1つの個包装の中に2粒入れた商品。1包装内の2粒は異なる味になっている。いったいどのような経緯で生まれた商品なのか。

  • ブルボン(新潟県柏崎市)の飴菓子「キュービィロップ」
    ブルボン(新潟県柏崎市)の飴菓子「キュービィロップ」
  • 22年3月にパッケージをリニューアル
    22年3月にパッケージをリニューアル
  • ブルボン(新潟県柏崎市)の飴菓子「キュービィロップ」
  • 22年3月にパッケージをリニューアル

SNSでしばしば話題に

    キュービィロップは、8種類の味を定期的に入れ替えながら販売を続けている。定番のフレーバーは、グレープ・ストロベリー・オレンジ・パイナップル・ピーチ・レモンの6種。これに加え現在は、シャイマスカットとソーダの2種が加わっている。

   ツイッターで2022年6月8日、「これまじで知ってる人絶滅危惧種だと思う」などと商品を知っている人がいるか、呼びかける投稿があり、9万リツイート、28万9000「いいね」を超える大きな反響があった。過去にも同様のツイートはある。1月に平成の流行を振り返るアカウントが紹介し、1万8000リツイート、7万1000「いいね」を超える反響があった。

   リプライ欄には、習い事、理髪店や料理店の帰りにもらったといった声が多く寄せられている。祖父母の家によく置いてあるという声もあった。しかし一部からは「最近見ない」という声もある。

   取材に対しブルボンは16日、全国の量販店、ドラッグストア、小売店などで販売していると述べる。なぜ「懐かしまれる」商品となったのか、生産数に変化はあったのか。ブルボンは次のように答えた。

「『キュービィロップ』のようなロングセラー商品は、多くのお客様の思い出とともにあり、多くの方に覚えていただいていることから、お客様の思いに繋がっているのだと考えています」

   生産数の変化については、言及しなかった。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中