2024年 4月 22日 (月)

那須川天心が井上尚弥と戦うには「3年かかる」 ボクシング挑戦に期待も...識者が指摘する「課題」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   キックボクシングの那須川天心(23)がプロボクシングに転向する。

   那須川は2022年6月19日に東京ドームで行われた格闘技イベント「THE MATCH 2022」に出場し、K-1王者・武尊(30)を5-0の判定で下した。「世紀の一戦」と謳われたリングでK-1王者からダウンを奪いキックボクシング無敗の42連勝をマーク。完勝で有終の美を飾った「神童」がプロボクシングで世界の頂点を目指す。

  • 那須川天心(写真:Motoo Naka/アフロ)
    那須川天心(写真:Motoo Naka/アフロ)
  • 那須川天心(写真:Motoo Naka/アフロ)

「サウスポーが右に対して合わせる典型的なカウンターだった」

   キックボクシングで完璧なレコードを残してプロボクシングの世界に挑戦する那須川。所属するジムは現時点で決定しておらず、階級やプロデビュー戦などに関しても未定だが「神童」のプロボクシング転向に早くも大きな注目が集まっている。

   果たしてプロボクシングの世界で頂点に立つことが出来るのか。「モンスター」井上尚弥(大橋、29)とのドリームマッチは実現するのか。J-CASTニュース編集部は協栄ジムの金平桂一郎会長(56)に那須川のプロボクサーとしての資質や可能性、そして今後の展望を占ってもらった。

   これまで那須川の試合を何度も見てきたという金平会長は、キックボクシング最後の試合となった武尊戦を次のように振り返った。

「左のカウンターでダウンを取りましたが非常にうまい。ボクサーが打つようなパンチでした。サウスポーが右に対して合わせる典型的なカウンターだった。最後のラウンドはパンチでの打ち合いを武尊選手とやっていたが、避けカンも良ければ当てカンもいい。将来が楽しみな選手であることが分かった試合だったと思います」

   武尊戦は58キロの契約体重で行われ、当日計量はTシャツ、ハーフパンツ着用の状態で臨み61.95キロでクリアした。金平会長は那須川のパワー、体格面から見てプロボクシングではバンタム級(53.52キロ)もしくはスーパーバンタム級(55.34キロ)が適性階級であると指摘した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中