2022年 6月 28日 (火)

天心は武尊より「2枚ぐらい上手だった」 ボクシング世界王者・京口紘人、予想裏切り「完勝」評価

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2022年6月19日に行われた格闘技イベント「Yogibo presents THE MATCH 2022」(東京ドーム)のメインマッチである那須川天心(23)と武尊(30)の試合について、プロボクシングWBA世界ライトフライ級スーパー王者・京口紘人(28)は6月20日、自身の公式YouTubeチャンネルに公開した動画で、天心が武尊に比べて「2枚ぐらい上手でしたね」と振り返った。

   RISE世界フェザー級王者・那須川は、K-1 スーパーフェザー級王者・武尊に5-0の判定勝利を収めている。

  • 京口紘人(写真:つのだよしお/アフロ)
    京口紘人(写真:つのだよしお/アフロ)
  • 京口紘人の公式YouTubeチャンネルより
    京口紘人の公式YouTubeチャンネルより
  • 京口紘人(写真:つのだよしお/アフロ)
  • 京口紘人の公式YouTubeチャンネルより

「技術の差を見せつけた内容だったな」

   京口は、天心と武尊の試合について「いろんな感情あるっすね。『すげー』もそうやし。多分この感じの感情、多分格闘家の人は分かると思う」と言い、「ファンは多分ね、すごい揺さぶられたと思う心。めちゃくちゃそれだけいい試合やった」と感想を述べた。

   1ラウンド目については、「天心はのびのびやりたいことをやってる。武尊選手はやりたいことをやろうとしてる」とコメント。「クリーンヒットは天心選手の方が多かった」としたが、「武尊選手が空振り目立った」と振り返った。「武尊選手にとって不利な展開になる立ち上がりだった」という。

   1ラウンド終盤で、天心が武尊に左カウンターでダウンを奪ったことについて、京口さんは「完全にあの瞬間ベストのパンチを出せてた」と分析し、「1ラウンド目は完全に天心のラウンドでしたよね」とまとめた。

   2ラウンド目は「武尊選手がプレス強めて、ちょっと近い距離の時間が長くなったけど、それでも前の手のクリーンヒットをしっかり当てては、ウィービングで外して、位置変えてて、天心が」と説明し、「技術の差を見せつけた内容だったな」と振り返った。

   「(武尊は)1ラウンド目からダウン貰ってるから、強引にでも自分のペース引き寄せるようにプレッシャー強める」としつつ、天心については「ディフェンスの技術もピカイチやったね」と述べ、「行くところは行くけど、絶対芯に食らわへん。貰わない」と評価した。

   続けて「集中力を切らさずに2ラウンド目も戦い抜いたのはすごかったし、2ラウンド目も、クリーンヒットの数、圧倒的に天心やったかな」と、2ラウンド目の天心の戦いぶりについても評価した。

   最終ラウンド、「武尊選手は玉砕覚悟で前に出たけど、全体的に見たらそこまで明確な差があるってわけじゃないけど、ディフェンス技術、支配しているクリーンヒットの数はやっぱ天心の方が、1枚、2枚ぐらい上手やったかなって印象」だったと振り返った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中