手足3本失い10年「僕は今、人生を楽しんでいる」 「奇跡で助かった男」は今日も誰かのために発信を続ける

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   電車事故で右手と両足を失ったのは、ちょうど10年前の2012年7月24日のことだった。毎日「死にたい」と絶望していた山田千紘さん(30)は今、自立して会社に勤め、インターネット上では自身の生活などを盛んに発信。インスタグラムには日々多くのメッセージが届き、YouTubeの登録者数は13万人を超えている。

   「僕は今、人生を楽しんでいる」。山田さんは迷いなく言う。10年間を振り返って今、何を思うのか。ターニングポイントとなった出来事、その中で感じた自身の存在意義、発信を続ける意味、そして今後の目標とは。節目の年に、山田さんが思いを語った。

   【連載】山田千紘の「プラスを数える」~手足3本失った僕が気づいたこと~ (この連載では、身体障害の当事者である山田千紘さんが社会や日常の中で気づいたことなどを、自身の視点から述べています。)

  • 山田千紘さん
    山田千紘さん
  • 山田千紘さん

僕は命を助けてもらった

   10年前に電車事故で手足を3本失った当時は、今振り返ると「死」に等しい状態でした。体ではなく心が、です。

   横浜の病院のベッドでこの体に直面した時、「夢であってほしい」と思いました。自分の姿を見たくなくなり、この体を受け入れられませんでした。だけど、家族や友人、病院のスタッフ、いろんな人たちの支えがあって、下から前へ、見る方向が変わっていきました。

   これまでに何度も語ってきたけど、僕は手足を3本切断しただけではなく、命を助けてもらったんです。左腕を残してくれた。事故の前と同じように話すことや聞くこと、見ることもできた。なくなったものではなくて、あるもの、残っているものを見ることができるようになりました。そこから僕の人生がもう一度始まりました。

   「2年以内に自立する」というゴールを定めました。同い年のみんなが22歳で社会人になる年に合わせ、自分も社会復帰すること、それに生活も1人ですることを目標にしました。

   両足に義足をつけて歩行もできるようになりました。10年前、練習を始めた当時はバーの間を歩くところから始まり、杖あり、そして杖なしへと進みました。でも、すぐに早く歩くことはできませんでした。

   それが10年経った今、先日は岡山での義足の学会にモデルとして参加させてもらいました。義足メーカーの人からも「歩くのが上手い」と思われるくらいになりました。ツイッターでもこの間、「歩くの上手いと思ったらリツイートしてくれると嬉しいです 励みにして頑張ります!!」と歩行する動画を投稿したら、4200リツイートくらいしてもらえました。10年前からしたら想像つかないくらい上達しました。

   22歳で1人暮らしを始めて8年が経ちます。掃除、洗濯、料理と、家事は大体できるようになりました。会社に勤めて、毎日フルタイムで働きにも行っています。

   歩くのも、生活するのも、働くのも、多くの人にとっては当たり前の話でしょう。僕も10年前はそうでした。でも当たり前にあった手足がなくなって、「人生終わった」と思っていたんです。そこから「当たり前の日常」を取り戻すことができました。

   諦めなくて良かったと思います。何度か人生を諦めようとしたし、立ち直ってからも壁はありました。それでも改めて思うのは、自分の力だけではなく、周りのいろんな人たちが支えてくれたことで、困難を乗り越えられ、10年間歩んでこられたということです。

姉妹サイト