2022年 12月 7日 (水)

「卒業したって私生きていけない」過去に苦悩も SKE48にささげた13年...須田亜香里が語った「卒業後の歩き方」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   SKE48の新曲「絶対インスピレーション」(2022年10月5日発売)は、卒業を控えた須田亜香里さん(30)が参加する最後の楽曲で、「Type-A」のCDには須田さんのソロ曲も収録された。タイトルは「私の歩き方」。

   須田さんによると、グループ活動で大切にしてきたのは「一歩一歩真摯にいろんなことに向き合いながら歩いていく」ことで、その生き方が歌詞に反映されている。ソロ曲を通じて卒業への思いや、卒業後の活動の意気込みを聞いた。一方で、表題曲のミュージックビデオ(MV)のテーマは「世代交代」。新センターの青海ひな乃さん(21)と、今後のグループのあり方についても語ってもらった。(全2回の後編。前編はこちらから)(聞き手・構成:J-CASTニュース編集部 工藤博司)

  • SKE48の青海ひな乃さん(左)と須田亜香里さん(右)。グループへの思いについて語ってもらった
    SKE48の青海ひな乃さん(左)と須田亜香里さん(右)。グループへの思いについて語ってもらった
  • SKE48の青海ひな乃さん(左)と須田亜香里さん(右)。グループへの思いについて語ってもらった

歌わずに踊った2017年の「感謝祭」コンサート

―― 今回発売されるCDの「Type-A」には、須田さんのソロ曲「私の歩き方」も収録されています。SKE48に入る前に習っていたクラシックバレエのスキルを生かして、コンテンポラリーダンスを取り入れたと聞いています。

須田: 自分の人生の全てを生かす内容にしたいと思っていました。ギターをやるか、何か好きなことやっていいよ、と言われたときに、ギターを演奏するか踊るかのどちらかだと思いました。SKE48の大人数の中で、根性、負けず嫌いみたいなやり方でずっとやってきましたが、その根本があるのはバレエのおかげなので、そういった部分を表現できたらと思いました。バレエを続けさせてくれた両親や、SKE48に入ってから私のことを見つけてくれたファンの方、全ての人に恩返しができる内容だと考えると、踊りだと思いましたし、自分のやりたいことでもあったので、曲に合わせてコンテンポラリーダンスを辻本知彦先生(編注:「パプリカ」などの振り付けで知られる)に振り付けしていただいて、踊りました。

―― コンテンポラリーダンスは、2017年の「選抜総選挙」の「ランクインコンサート」でも披露していました。須田さんは6位にランクインした年でした。

須田: この時は、「本当に好きなことをやっていい」と言われたので、思い出に残っている楽曲「恋を語る詩人になれなくて」を音源だけ流してもらって、歌わずに踊りました。「歌っているところを見たかった」というファンの方もいて、苦い思い出もありましたが、これが自分がやりたいことだと自分の中で分かっていましたし、ファンの皆さんへの恩返しだと胸を張って言えるので、(今回も)踊りました。

―― 今回は歌付きですね。

青海: じゃあ、ファンの人も安心だ。(笑)

―― タイトルの「私の歩き方」は、中日新聞で連載しているコラムのタイトル「てくてく歩いてく」と通底したものがありそうですね。

須田: そうですね。歌詞も、気持ちや情景に対して伝えたい相手が思い浮かぶ内容になっています。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中