2022年 12月 7日 (水)

新境地のダンスで表現した「世代交代」のバトン SKE48新曲に「最年長」と「新センター」が込めた思い

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   SKE48にとって30枚目のシングルとなる「絶対インスピレーション」が2022年10月5日に発売された。グループからの卒業を間近に控えた最年長の須田亜香里さん(30)が参加する最後の楽曲だ。

   センターポジションに抜てきされたのは、18年に9期生としてデビューした青海ひな乃さん(21)。前作の「選抜落ち」からの大逆転だ。ミュージックビデオ(MV)は「世代交代」をダンスで表現。SKE48の「世代交代」への思いを聞いた。(全2回の前編。後編はこちらから)(聞き手・構成:J-CASTニュース編集部 工藤博司)

  • SKE48の青海ひな乃さん(左)と須田亜香里さん(右)。青海さんは初めてセンターに抜てきされた
    SKE48の青海ひな乃さん(左)と須田亜香里さん(右)。青海さんは初めてセンターに抜てきされた
  • SKE48の青海ひな乃さん(左)と須田亜香里さん(右)。青海さんは初めてセンターに抜てきされた

「動く」と「止まる」のメリハリをつけるダンス

―― 新曲は、ヒップホップ系の激しい動きが特徴だと聞きました。

須田: プロダンスリーグ「第一生命D.LEAGUE」で活躍している「avex ROYALBRATS(エイベックス ロイヤルブラッツ)」さんに振り付けをしていただいています。ゴリゴリのヒップホップで、今までのSKE48にない感じです。重心を低く保つポーズが多いので、今まで使ったことがない筋肉が悲鳴を上げていました。楽曲もそれにぴったりで、歌詞がとってもギュッと詰め込まれているので、かなり早口で歌うことになります。それがまた曲を聞いたときに疾走感があって、今までのSKE48にない感じですね。歌い方や表現の仕方が全くガラッと変わっていて、新しいSKE48という感じが私は好きです。
青海: サビだけで何回も「止まって動く」「そのままゆっくり」とか、本当に細かいところまで「動く」と「止まる」の差をはっきりさせないといけません。おそらく、今までになかった動きなので、たくさん練習して、私達もダンスの先生たちのようにかっこいいパフォーマンスをできるようになりたいです。

―― 楽曲についてはいかがですか。

青海: インスピレーション、一目ぼれについての曲です。ファンの方には想像しやすい楽曲だと思います。例えば私たちがファンの方にレス(声援に応じて視線を返すこと)をしたりウインクしたりすると、その方が「かわいい!」と思ってくれて、次の日に「あの時にウインクしてくれて、すごく好きになっちゃいました」と言ってくださるシチュエーションです。

―― 歌詞には「ラッシュアワーの電車を降りて 自動改札で通せんぼされた 戸惑う君が振り向きながら 急いでる後ろの人に謝った」とあり、「目の前のそんな出来事が 何かしら意味を持ってるようで その日から君の姿をどこかで 探している僕がいた」と続きます。一目ぼれの描写ですね。

青海: 一目ぼれには本当にいろいろなきっかけがあると思うので、ファンの方は「自分の推しは、こういうきっかけで好きになったな」「あのコンサートであの曲を踊ったときの表情が好きで推すようになったな」といったように、自分の思い出に当てはめて振り返ってくれたら嬉しいです。

―― メリハリのある歌詞と「静と動」の区別をつけるダンスはシンクロしている感じもしますね。

須田: 2番のサビの歌詞では「ストップモーション」と言いながら、本当にストップモーションの振り付けがあります。歌詞と振り付けが合うかっこよさを感じてもらえると思います。ピッと止まって、ふわーっと動く感じです。
青海: コマ撮りしているようなダンスです。余韻に浸るというか、さっきまでバキバキに踊っていたのに急にピタッて止まってゆっくり動き、またピッて動き出すという、激しい温度差があります。静と動の強弱が本当に激しい曲になっています。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中