2024年 2月 28日 (水)

「阿部を出して大丈夫なのか?」 中日フロントに球界OB疑問...トレード判断に「不安ばかり募る」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   プロ野球横浜ベイスターズ、日本ハムで活躍した野球解説者の高木豊氏(64)が2022年11月15日にユーチューブチャンネルを更新し、中日と楽天の間で成立した交換トレードに言及した。

  • 中日・立浪監督(YUTAKA/アフロスポーツ)
    中日・立浪監督(YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 中日・立浪監督(YUTAKA/アフロスポーツ)

「中日は内野手が不足している」

   中日、楽天両球団は11月15日に中日・阿部寿樹内野手(32)と楽天・涌井秀章投手(36)の交換トレードが成立したことを発表した。

   岩手県出身の阿部は明大、社会人野球を経て15年ドラフト5位で中日に入団。中日では「マスター」の愛称で親しまれ、7年間プレーして通算打率.261、35本塁打、203打点の数字を残した。

   一方の涌井は名門・横浜高から04年ドラフト1位で西武に入団。13年オフにロッテに移籍し、19年オフに金銭トレードで楽天に移籍した。過去には沢村賞、最多勝利、ゴールデングラブ賞など数々のタイトルを獲得し、通算で154勝をマークしている。

   高木氏は冒頭で「中日は阿部を出して大丈夫かなという不安がある」と率直に語り、その理由について説明した。

「外野手登録の選手はたくさんいるけど内野手が不足している。今年のドラフトで3人くらい内野手を取っているが、それがすぐに使えるとは思えない。日本人の野手で阿部が今年一番活躍したし勝負強かった。32歳の脂が乗りきっている一番良いときに阿部を出すというのは大丈夫かというちょっとした不安がある」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中