2024年 2月 27日 (火)

サムギョプサルが食べられない! W杯「豚肉NG」に韓国メディア悲痛...キムチ200キロ提供も

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会が2022年11月20日に開幕する。大会に出場するチームはそれぞれカタール入りしている中、韓国メディアが「豚肉NG」に悲痛な声を上げている。

  • 韓国代表FWソン・フンミン選手(写真:AP/アフロ)
    韓国代表FWソン・フンミン選手(写真:AP/アフロ)
  • 韓国代表FWソン・フンミン選手(写真:AP/アフロ)

選手は牛肉、鶏肉でたんぱく質を摂取

   スポーツメディア「スポーツソウル」(WEB)は、「豚肉絶対禁止カタール、代表チームも牛肉中心に栄養摂取する」とのタイトルで15日に記事を公開。イスラム国家であるカタールでは、豚肉は宗教教理に反すため搬入禁止品目に規定されており、韓国代表選手らは少なくとも3週間は豚肉を食べることができないと伝えた。

   韓国の大衆的な焼肉として知られるのが、スライスした豚バラ肉を焼いて食べるサムギョプサルだ。焼いた肉は、キムチや野菜と一緒にサンチュなどで巻いて食べることもある。

   同メディアによると、韓国代表に帯同している取材陣の中には、しばらくの間豚肉料理を食べることができないため、出国する前の最後の晩餐としてサムギョプサルを食したものもいるという。

   記事では「韓国人と豚肉は切っても切れない関係にある」とし、W杯期間中の3週間は辛いものになるかもしれないと指摘した。代表選手らは豚肉の代わりに牛肉や鶏肉などで必要なたんぱく質を摂取するという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中