2024年 3月 4日 (月)

「ずっと恐怖で支配されていた」「二度と会うことない」 キャバ嬢エンリケが告白した元夫との関係

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   元No.1キャバクラ嬢で引退から3年ぶりに復帰したエンリケさんが2022年12月20日、元夫の「ブタ」さんについて、「今後も二度と会うことはありません」とインスタグラムで言及した。

   エンリケさんをめぐっては、経営するシャンパンサロンでの死亡事故が8月に、経営会社の買取事業に関する出資法違反疑惑と返金トラブルが9月にそれぞれ「文春オンライン」で報じられた。10月末には、支払いに充てる資金を得るためとしてキャバクラ営業を再開。同時に会社代表の辞任、元夫との離婚を発表している。

  • エンリケさんのインスタグラム(@eri.ogawa1102)より
    エンリケさんのインスタグラム(@eri.ogawa1102)より
  • エンリケさんのインスタグラム(@eri.ogawa1102)より
    エンリケさんのインスタグラム(@eri.ogawa1102)より
  • エンリケさんのインスタグラム(@eri.ogawa1102)より
  • エンリケさんのインスタグラム(@eri.ogawa1102)より

「今は関わりたくないっていうのが本音です」

   エンリケさんは20日、元夫に与するDMが数多く届いているとインスタのストーリーズで明かし、次のように心境を伝えた。

「ずっと恐怖で支配されていたけど今は関わりたくないっていうのが本音です。泥沼になろうが彼の言いなりになるつもりはありません」

   続く投稿では、有効性をめぐって元夫と意見が対立する離婚届について、「正式に受理されています」と改めて明言し、「私のタイミングで提出したけどそれは何回も離婚話をしても円満に話が通らなかったから」「彼がサインしたのは事実で脅して書かせたり、偽造ではありません」と訴えた。

   元夫との現在の関係は「離婚してから1度も会ってません。今後も二度と会うことはありません」と報告したうえで、

「賛否両論あるけど私の気持ちとては離婚して本当に良かった。と後悔無い」(原文ママ)

と述べる。「彼の悪口を一切言わず今まで仕事してきました。ただあまりにも酷い攻撃をされ続けるのなら私も全ての真実を話して法的に訴えることをも考えます」ともいう。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中