2024年 2月 25日 (日)

「態度悪すぎ」元オリックス投手に賛否両論 戦力外通告特番に「なんでタメ口」「そんな違和感?」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   2022年12月27日に放送された「プロ野球戦力外通告」(TBS系)での、元オリックス・バファローズ海田智行投手の態度が視聴者の間で賛否を呼んでいる。

  • 写真はイメージ
    写真はイメージ
  • 写真はイメージ

「どうしようって感じだね。バッピか......」

   海田投手は社会人野球を経て2011年ドラフト4位でオリックスに入団し、長年中継ぎ投手としてチームに貢献してきた。しかし2022年のシーズンオフに戦力外通告を受けた。

   番組では、トライアウトを受け現役続行の道を探る海田投手の密着取材中、連絡が届いた。電話を取った海田投手は「(オファーは)特に無く。どこから来てるんですか? 近所? ここの? いくらなんですか?」と渋い表情を見せた。

   番組スタッフに詳しい内容を問われると、「阪神のバッティングピッチャーはどうなのか、っていう問い合わせ」とした。オリックスを通じて阪神から打診が届いたという。率直な感想を聞かれ、「いやまず現役が基本線だから。一旦保留してもらって、っていう感じ」とあくまでも現役にこだわる姿勢を見せた。

   自宅ソファで背もたれに身を預けた海田投手は、妻に「阪神のバッピで700万円だって」と報告。妻が「いいじゃん、だめ?」とすると、「バッピかぁ......」と不服そうな表情を浮かべた。

   妻が「裏方さんって大体どこも同じ値段なの?」とすると、海田投手は「いや700(万円)は多いと思うよ」。しかし「どうでしょうね、どうしようって感じだね。バッピか......」と決めかねる様子だった。「1個電話があったのが、ちょっとほっとはするよね」としつつ、眉間には皺が寄っていた。

   妻は「ありがたいけどね、話をいただけるのは。どんなことでもね。(バッティングピッチャーは)やりがいのある仕事だろうけど。チームのためになるしね」としていた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中