2024年 4月 20日 (土)

暖房代を節約しよう!→練炭使って救急搬送 Twitterで話題を呼んだ「電気代ネタ」5選

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   最近、電気代高騰のニュースが世間を騒がせています。誰もが利用するライフラインだからこそ、Twitterでも電気代との付き合い方に関するさまざまなツイートが拡散されやすい傾向にあります。

   ツイートまとめサービスのTogetter(トゥギャッター)が解説する「3分くらいでわかる週刊Twitterトレンド【J-CAST出張版】」、今回は「電気代」にまつわる話題を掘り下げます。

  • 画像はイメージ。記事とは関係ありません
    画像はイメージ。記事とは関係ありません
  • 画像はイメージ。記事とは関係ありません

最近の電気代がヤバい

   昨今の電気代の明細を見て、過去と比べて上がり幅に驚いている人も多いのでは。社会情勢の変化による燃料費高騰や、円安による発電コストの上昇の影響が、家庭を直撃しているようです。

   そんな中、Twitterでは「電気代バトル」と称して2023年1月分の電気代を報告し合う投稿が盛り上がりました。

   Twitterユーザーからは「先月は37000円だけど今月は65554円」「日頃2万前後なのに86854円」「家に10年住んでいる中で初めての値段」など嘆く声が相次いでいます。過去と比べて電気の使用量が変わらないのに価格が上がっていることに対する怒りの声も。

1月分の電気代、節電してんのに金額エグいんだが?「吐血していい?」→いい方法は「熱燗を飲む」とか?- Togetter

   同時に「薪ストーブに助けられてる」「熱燗を飲むのがいい」など、節電のために各人が試しているライフハックの共有も盛んに交わされました。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中